会社で「もしかして、干されてる?」と不安になる瞬間9パターン


やはり職場では「必要な存在」と思われたいもの。万が一「いなくてもいい」と思われているなら、挽回できるようすぐに手を打ったほうがいいでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「会社で『もしかして、干されてる?』と不安になる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】一日中、上司から話しかけられなかったとき

    「前はよく雑談もしていたんですが、いよいよ見切りを付けられたかと…」(20代女性)というように、直属の上司の態度の変化は、自分が職場で必要とされているかどうかのバロメーターになるでしょう。「最近お忙しいんですか? 私にできることがあれば言ってくださいね」など、手伝いを申し出つつ、様子をうかがってはいかがでしょうか。

  • 【2】新入社員と同じ仕事しか振られないとき

    「入社4年目だというのに、仕事内容に変化がなく不安です」(20代女性)など、何年たっても同じ仕事しか任せられない状況を不安視する人もいました。まずは目先の仕事を完璧にこなし、「そろそろ○○にも挑戦したいです」と意欲をアピールするといいかもしれません。

  • 【3】「忙しいから」などと質問に答えてもらえないとき

    「相手にされていないのかな、と悲しくなりました」(20代女性)というように、質問をスルーされたときにも心細さが募るようです。要領を得ない話し方が面倒臭がられている可能性もあるので、日頃から質問や報告を簡潔にし、結論から言うよう心がけてはいかがでしょうか。

  • 【4】社内の出来事がわからず、話についていけなかったとき

    「私の知らないところでいろいろなことが進んでいて怖い」(20代女性)というように、自分だけ社内事情が飲み込めていない状況にも、心許なさを感じるでしょう。そうした事態を避けるためには、「誰かが教えてくれるはず」という他力本願な考えは改め、自分から情報収集するよう心がけるとよさそうです。

  • 【5】年下からため口をきかれ、バカにされていると感じたとき

    「『その作業まだ終わってないのー?』と後輩に言われて凹みました」(20代女性)のように、周囲の評価が「後輩からの見下した態度」として表れるケースもあるでしょう。「先輩に対しては敬語のほうがいいと思うよ」と注意し、相手の反応を探ってみるといいかもしれません。

  • 【6】メールの「cc」に自分が入っていなかったとき

    「同じ案件を担当しているのに、いつの間にか私だけ共有から外されていて焦りました」(20代女性)というように、情報共有の輪から外されるのも干されはじめの兆候かもしれません。そんなときは、自分だけが知らされていないことをアピールして、状況の改善をはかるといいでしょう。

  • 【7】打ち合わせや会議に参加しなくていいと言われたとき

    「『忙しいでしょ』と打ち合わせから外されたときは怖かった!」(30代女性)など、当然出るべき場から弾かれると、不安を覚える人もいるようです。打ち合わせや会議では、自分の意見をしっかり述べて存在感を見せつけると、こうした危機を避けられるかもしれません。

  • 【8】食事や飲み会にあまり誘われなくなったとき

    「私がいると、話しづらいことでもあるのかなあと勘ぐっちゃいます」(30代女性)と、オフタイムのお誘いが途絶えたときも、不安と疎外感が生じるでしょう。自分から積極的に周囲に声をかけ、単なる気のせいなのか、それとも何か原因があるのか探ってみるとよさそうです。

  • 【9】自分がしていた業務を後輩に回されたとき

    「ほかに仕事があるわけでもないのに、後輩に引き継ぐよう言われてドキドキした」(20代女性)というように、後輩に業務を取られるのもキツい状況でしょう。担当替えを指示されたら、その場で「私の進め方に問題がありましたか?」と確認すると、とるべき方策が見えてくるかもしれません。

職場で干されはじめの兆候を感じたら、すぐに手を打つ必要がありそうです。ただし、ただの勘違いの場合もあるので、まずは状況を見極めてから解決策を考えましょう。ほかに「私、もしかして会社から干されてる?」と思う瞬間には、どんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見を聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock