恋愛結婚よりもメリットが多い!? 「お見合いのここが最高!」9パターン


昨今は恋愛結婚が主流のため、お見合いを経験したことがなく、実はお見合いにはたくさんのメリットがあることを知らない人も少なくないでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者の意見を参考に「恋愛結婚よりもメリットが多い!? 『お見合いのここが最高!』9パターン」を紹介します。

  • 【1】事前に写真やプロフィールを見られるので大ハズレが少ない

    「身上書や家族書があるのでどんな男性かをイメージしやすい」(20代女性)のように、まったく自分の好みでない男性が来る可能性は低いようです。また、「両親とは別居したい」「仕事を続けたい」といった結婚後のこちらの希望を事前に伝えることができるのもメリットです。

  • 【2】世話人を通して相手の年収を聞くことができる

    「結婚生活をリアルに想定するわけですから」(30代女性)などの理由で、お見合いで年収を聞くことは失礼ではないという考え方が一般的。ただ面と向かっては聞きづらいでしょうから、お見合い前に世話人を通して聞いておくのがいいでしょう。

  • 【3】箸の持ち方など、普通の恋愛では注目されないことが長所になる

    「外見に自信がない私でもアピールできます」(20代女性)など、お見合いでなら食事中の所作といった礼儀作法がセールスポイントになることも。ナイフやフォークは並べられた外側から使うといったテーブルマナーも覚えておくといいでしょう。

  • 【4】最初から結婚前提のお付き合いになるので話が早い

    「結婚願望が低い男性との恋愛だと結婚までなかなかたどりつけない」(30代女性)こともありますが、最初から結婚が目的であるお見合いは、お互いが気に入れば話がトントンと進むこともメリット。相手の男性に「私は○歳までに子供を○人欲しいです」などと伝えておけば、結婚後の人生プランも立てやすくなりそうです。

  • 【5】親公認なので、両親に紹介する手間が省ける

    「結婚への大きなハードルが最初からクリアー済み!」(20代女性)と、両親に反対される心配が少ないのもありがたいことでしょう。最近はお見合いに親が同席しないケースも多いので、世話人の方に「親同席希望」であると伝えておくといいでしょう。

  • 【6】婚活パーティーなどと違い1対1なので焦らずじっくり話が聞ける

    「婚活パーティーは人気の高い男性と話せる時間が短いのがネック」(20代女性)とのことですが、お見合いは1対1なのでその心配は無用です。また、口数が少ないと婚活パーティーでは自分をアピールしにくいですが、お見合いなら男性から「物静かな癒し系」と思ってもらえることもあるでしょう。

  • 【7】普段の交友関係にはいないハイスペックな男性と出会える可能性もある

    「自分のまわりにはいない公務員や大手企業勤務の方を紹介してもらえそう」(30代女性)など、好条件の男性と出会える可能性も。相手の男性が共働きで経済的により豊かな暮らしを望む場合は、自身の仕事のやりがいを語り、専業主婦を希望する場合は料理上手などをアピールするといいかもしれません。

  • 【8】共通の友達がいないので、昔の男性関係などがバレる心配がない

    「昔はけっこう遊んでいたので(笑)」(20代女性)という方などには、過去の恋愛歴を隠しやすいお見合いは適しているでしょう。ただし、結婚が決まったあとに友達を紹介することもあるでしょうから、猫をかぶり過ぎると自分の首を絞めかねないので注意が必要です。

  • 【9】断るときも直接相手に言わなくてすむ

    「好みの相手じゃなかったときでも断りやすい」(20代女性)と、世話人の方を通して断れるので気が楽という意見も。世話人の方に「私にはもったいないほどの男性でしたので、お断りしていただけますか」などと伝えるだけでいいので、面と向かって断るのが苦手という人にも最適かもしれません。

恋愛結婚の方がロマンチックかもしれませんが、このようにお見合いには現実的なメリットがたくさんあります。お見合いの機会があればぜひ受けてみてはいかがでしょうか。(昌谷大介/A4studio)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計199名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock