彼氏に「こいつ性格キッツー!」と引かれないための不満の伝え方9パターン


ケンカになったり、嫌われたりしたくないので、恋人への不満を言いたくても言えずに我慢している方も少なくないと思います。そこで今回は、20代から30代の独身女性319名から集めたアンケートを参考に、「彼氏に『こいつ性格キッツー!』と引かれないための不満の伝え方」をご紹介いたします。

  • 【1】まず彼氏を褒めてから、「ここを直すともっといいんだけど…」と本題を切り出す

    「機嫌がいいときなら聞いてくれるので」(20代女性)というように、まず彼氏をノセて、聞く耳を持たせてから、直してほしいところを伝えるパターンです。彼氏を否定するのではなく「○○してくれたら、もっと素敵」というように言葉選びに注意しましょう。

  • 【2】「友達の彼氏が結構細かい人でさぁ」など、ほかの男性を例に出してやんわり伝える

    「第三者の話なら、少々キツく言っても大丈夫なので」(30代女性)というように、知人男性の話という体裁で、彼氏への不満を述べるという女性も。「人の振り見て我が振り直せ」という言葉を口にしたことがある彼氏なら、特に有効な伝え方と言えそうです。

  • 【3】普段よりも口数を少なめにして、男性に「どうしたの?」と質問させてから言う

    「向こうが心配して聞いてきたなら、不満を言ったほうが彼もスッキリするし」(20代女性)というように、黙り込んで彼氏に異常を察知させるという女性も。ただし、感情的になるとケンカに発展する恐れがあるので冷静に話を切り出しましょう。

  • 【4】「またまたー、○○君の悪いところ出たよ!」などと笑顔で冗談っぽく伝える

    「真剣に話すると、空気重くなるもん」(20代女性)というように、軽いノリで不満を述べてみるのも効果的かもしれません。一度言っただけでは聞き流されてしまうかもしれないので、同じような場面がくるたび、根気よく言い続ける必要がありそうです。

  • 【5】「それって○○君のクセ?」などと、悪気があってやっているのか確かめる

    「本人に自覚があるかないかが重要」(30代女性)というように、「クセ」という言葉を使い、無意識でやっているかどうかを確かめる人も。もし、本人も悪いと自覚しているなら、強く指摘すると落ち込むかもしれないので注意しましょう。

  • 【6】笑顔をキープしながら「ここ直してほしいな」とストレートに言う

    「うちの場合、遠回しに言っても意味ない」(30代女性)というように、鈍い男性には、キツい言い方は避けつつも、直球で伝えたほうがいいという意見も。相手が「言いたいことはハッキリ言え」というタイプの彼氏なら、率直な意見を述べても関係が悪化することはないでしょう。

  • 【7】「どうしたらもっといい女になれると思う?」と彼氏に自分への不満を述べてもらう

    「まず彼氏に話をさせて、『じゃあ、あたしも…』という展開」(20代女性)というように、彼氏の不満を聞き出した後に言わせてもらうという女性も。ただし、相手からの要望が少ない場合は、こちらも控え目に伝えたほうがよさそうです。

  • 【8】まずメールや手紙に不満を書いて、一日寝かしてから送るかどうか決める

    「朝、冷静になると『自分が悪いな』と思ったりする」(20代女性)というように、とりあえず書き留めるものの、一晩寝て冷静になってみるという人も。意外と、一夜明けても伝えたいと思うような不満は少ないのかもしれません。

  • 【9】「やっぱマメな男はモテるよね」など、彼氏と正反対の例をあげて褒める

    「テレビを見ているときによく言ってる」(20代女性)というように、彼氏への不満と反対の特徴を持つ男性を褒めて、遠回しに改善を促すという人も。ただし何回言ってもピンと来ていない様子の彼氏には、いつかズバッと言うしかないでしょう。

いろんな伝え方が出てきましたが、まずは「あなたのために悪いところを直したい」という姿勢を彼氏に見せることが、最も大切なのかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計319名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock