「あれ、先輩に無視されてる?」と感じたときの前向きな対応9パターン


身に覚えがないのに、なぜか先輩から無視されるようになった…なんて経験をしたことがある人もいるでしょう。こんなとき、どう対処すれば関係を改善することができるでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『あれ、先輩に無視されてる?』と感じたときの前向きな対応」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんって、仕事ができるよね」など、人づてに伝わるよう先輩を褒める

    「褒められて嫌な気になる人はいないと思うので、あちこちでその先輩のよいところを話してみます」(20代女性)など、「私は好意を持っていますよ」と外野にアピールするのもいいでしょう。ファッションセンスがある、仕事が早いなど、その先輩が自信を持っているところをつつくとよさそうです。

  • 【2】相手から返事がなくても毎日の挨拶はきちんとする

    「無視し返すのもおかしな話。朝や退社時に顔を合わせたら、礼儀として笑顔で挨拶します」(20代女性)というように、無視にへこたれずに挨拶をする人もいるようです。欠かさず挨拶するうちに、相手が根負けして無視をやめてくれるかもしれません。

  • 【3】実はどうでもいい悩みを相談して、「頼りにしてます」とアピールする

    「『相談に乗ってください』とあえて懐に飛び込んでみます」(20代女性)のように、こちらから積極的に働きかけてみるのもひとつの手です。「先輩ならいいアドバイスをしてくれそうなので」とヨイショすると、まんざらでもない気分になって、今後はかわいがってくれるかもしれません。

  • 【4】淡々と仕事をこなし、その先輩以上の信頼を勝ち取る

    「周りは意外と見ているもの。相手が太刀打ちできないくらい、仕事の精度を高めればいいと思います」(30代女性)など、無視などという低次元なフィールドで争わない、という意見も寄せられました。職場での評価が上がれば、自然と先輩も無視できない存在になるのではないでしょうか。

  • 【5】「私、何か失礼なことしましたか?」とサシでの話し合いに持ち込む

    「問題を解決するためにも、まずは理由を探ります」(20代女性)のように、正面から向き合う人もいます。「以前のように仲良くさせてもらいたいので、落ち度があるなら教えてください」と慕うきもちを伝えると、先輩も心を開いてくれるかもしれません。

  • 【6】無視されていることに一切気づかない天然キャラを演じる

    「あえて気づかないふりをして、今まで通り普通に接します」(20代女性)と、相手の無視を「なかったこと」にしてしまうツワモノもいました。続けていくうちに、相手もバカバカしくなって、これまでどおり普通に接してくれるようになりそうです。

  • 【7】相手と仲の良い先輩に相談して事情を探る

    「面倒見のいい先輩に、『嫌われてしまったようなんですが…』と持ちかけると一肌脱いでくれそう」(30代女性)というように、ほかの先輩に頼るのもいいでしょう。その先輩を交えて一席設けてもらうと、お互い感情的にならずに話し合えるのではないでしょうか。

  • 【8】常に笑顔と敬語を心がけ、誰よりも感じよく接してみる

    「ある意味最後の手段だけど、自分にできるだけのフォローをしてみます」(20代女性)と、先輩を立ててネガティブな感情を捨てさせる作戦です。ただし、嫌われた理由によってはさらに煙たがられる危険性もあるので、まずは原因を探ってみたほうがいいかもしれません。

  • 【9】チーム内の仲間など、業務上支障が出そうな人に仲裁を頼む

    「『仕事がしづらくなるから』と、第三者の立場から注意してもらいます」(20代女性)のように、誰かに無視をやめるよう諭してもらうのもいいでしょう。「仕事は仕事」と割り切るタイプの人なら、スムーズな業務遂行のために快く仲裁役を引き受けてくれそうです。

毎日顔を合わせる先輩とは、良好な関係を保ちたいものです。一方的に無視された場合は大人になって、相手の気持ちを和らげるよう努力するのが正解なのかもしれません。ほかにも、「『あれ、先輩に無視されてる?』と感じたときの前向きな対応」に関するエピソードがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock