飲み会から帰宅したとき、子守を頑張ってくれた夫にかけたい一言9パターン


子育て中でも、授乳の時期が終わったら、たまには女友達とワイワイ飲みに行きたいもの。子どもを夫に預けて出かけたいなら、帰宅後にしっかり夫をねぎらうことで、次も外出しやすくなるでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「飲み会から帰宅したとき、子守を頑張ってくれた夫にかけたい一言」をご紹介します。

  • 【1】「『優しい旦那さん』って褒められたよ」と持ち上げる

    「『イクメンだねって、みんなにうらやましがられちゃった!』とはしゃいでみせたら、まんざらでもなさそうだった」(30代女性)というように、夫の株が上がったと話せば、悪い気にはさせないでしょう。さほど絶賛されていなくても、夫婦円満のためなら、多少おおげさに表現してもいいかもしれません。

  • 【2】「あなたのおかげですごく楽しかった」と感謝の気持ちを伝える

    「適当に流さず、『本当にありがとう』と目を見て言う」(30代女性)というように、どんなに酔っぱらっていても、面と向かってしっかりお礼を述べるのは、最低限の礼儀といえそうです。普段子どもにかまけて夫をなおざりにしている場合は、なおさらこの機会に夫と向き合いましょう。

  • 【3】「あなたがみてくれると安心」と信頼を寄せる

    「『心配せずにお願いできるわ』と強調する」(40代女性)というように、子守ぶりを認めるような発言も、夫の自尊心をくすぐることができそうです。「私はすぐイライラしちゃうけど、あなたは大らかだし」などと具体的なポイントを挙げることで、「よし、次も任せろ!」とその気になってくれるかもしれません。

  • 【4】「あー、リフレッシュできた」と効果を語る

    「『こんなにゆっくり友達と話したの、久しぶりだな』と喜びをにじませる」(20代女性)というように、有意義だったとしみじみ繰り返すことで、「俺も役に立った」と実感してもらえそうです。ただし、浮かれすぎると反感を買いそうなので、「あなたも来週末は好きなことしてね」と相手のことも配慮しましょう。

  • 【5】「子どもと何してた?」と話にしっかり付き合う

    「『楽しかった? 大変だったんじゃない?』と話を向ける」(30代女性)というように、留守中のことを尋ねて、つまらないグチにもしっかり耳を傾けると、夫をスッキリさせてあげられるかもしれません。ただし、本人の口が重いのにしつこく迫ると、「詮索するな!」と嫌がられる可能性もあるので気を付けましょう。

  • 【6】「明日からまた頑張るね」と家族へのいい影響を示唆する

    「『最近は疲れてたけど、家事と育児をやる気が出てきた』とパワーアップしたことを宣言!」(30代女性)というように、自分の外出によって、夫や子どもにも恩恵があると思わせるのもひとつの手です。ついでに「ストレスがたまってきたら、またお願い」と予告してしまうのもいいでしょう。

  • 【7】「あの子もうれしかっただろうね」と子どもの気持ちに言及する

    「息子の寝顔を見ながら『パパと遊ぶ夢を見てるかな』と言ったら、満足そうだった」(30代女性)というように、「子どもにとっても素晴らしいひとときだった」と述べることで、夫の心を満たすのもいいでしょう。「親子二人っきりで初めてのお留守番記念日だもんね」などと、上手に盛り上げるとよさそうです。

  • 【8】「おいしい店だったから、今度は一緒に行こう」と誘う

    「『大人の店かと思ったら、子ども用のイスもあったよ』と報告する」(30代女性)というように、その日訪れたお店が子連れOKな雰囲気だったのであれば、「次回は一緒に」と持ちかけることで、夫のテンションも上がるかもしれません。さらに「飲み会でも家族のことを忘れないママ」をアピールできて、一石二鳥でしょう。

  • 【9】「これ、お礼」とお土産を渡す

    「いつもは格安の発泡酒だけど、ちゃんとしたビールを買って帰る」(40代女性)というように、夫をねぎらう気持ちを形にして表す方法もあります。ただし、上から目線だと思われないように、きちんと「お疲れさま」「ありがとう」などの言葉を添えて渡したほうがいいでしょう。

もし久々の飲み会で酔っぱらったり疲れたりしていても、しっかり夫に対応することが、夫婦仲にも今後の自分にとっても大切といえそうです。必要以上に媚びることなく、賢い妻を目指しましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock