「はいはい、わかりました」と流されてしまう新婚女性のウザいトーク9パターン


新婚ホヤホヤのノロケ話を笑顔で聞いてくれる友人に、本音では「いい加減うっとうしい…」と思われているとしたら、心外ではないでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性327名に聞いたアンケートを参考に「『はいはい、わかりました』と流されてしまう新婚女性のウザいトーク9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「昨日、晩ゴハンを作ってくれて…」などと、口を開けば夫のことばかり話す

    「本当は微塵も興味ないけど、『いいなー』でごまかしている」(20代女性)というように、話したくて仕方のないことであっても、度が過ぎると聞き手を困らせてしまうかもしれません。相手の褒め言葉がワンパターンになってきたら、聞き飽きていると判断したほうがよさそうです。

  • 【2】「式場選びのこととか聞いてよ」などと、聞かれてもないのに先輩面をする

    「先に結婚したからって姉貴面ですか?」(30代女性)というように、「役に立ちたい」という親切心から出た言葉も、独身女性を不快にさせることがあります。結婚のあれこれをアドバイスするのは、何か相談されたときのみにしましょう。

  • 【3】「式のときにさ…」などと、結婚式の幸せエピソードを何度も語る

    「『誓いのキスのあと、彼が…』の次に、どんな言葉が続くのか覚えてしまった自分が悔しい」(20代女性)というように、たとえ素敵な話でも、同じ人に繰り返し聞かせてしまうのは考え物です。せっかくの思い出話を「ウザい」と思われたくなければ、心の中に大切にしまっておいたほうがいいかもしれません。

  • 【4】「次はあなたの番だね」などと、勝手に仕切り始める

    「『子どもは同じ学年で産もうよ』とか、先走りすぎ!」(30代女性)というように、新婚ドリーム全開で、あたり構わず自分のペースに巻き込もうとするのも、周囲をドン引きさせるでしょう。すべての女性が結婚に憧れているわけではないことを心に留めておいたほうがよさそうです。

  • 【5】「子どもは2人って決めたんだ」などと、聞いてもいないのに家族計画を披露する

    「『4月か5月に生まれるのが理想だから、逆算して子作り頑張ってるんだ』って、『そうなんだ…』としか言えない」(30代女性)というように、「妊娠」に関する打ち明け話は、「赤裸々すぎる」と受け止められる可能性があります。よほど気心の知れた相手でない限り、この手の話題は避けるのが無難でしょう。

  • 【6】「お義母さんともすっごく仲よしでー」などと、いい嫁ぶりをアピールする

    「『仕事も主婦業もデキて偉いね』とか言ってもらいたいの?」(20代女性)というように、新妻としての努力を強調しても、身内以外の人には「フーン」と聞き流されてしまうようです。得意げに語るのではなく、「嫁姑の衝突」など、控えめに苦労話をする程度なら、まだ共感を得られるでしょう。

  • 【7】「ま、そんなところが好きなんだけど」と愚痴に見せかけたのろけ話をする

    「『スピード離婚か!』と身構えて聞いていたのに…。壮大な前フリありがとうございました」(30代女性)というように、悪口に見せかけた「のろけオチ」は、聞き手をズッコケさせてしまうようです。夫をどれだけ愛しているのか語るなら、まわりくどくしないほうがいいでしょう。

  • 【8】「うちのダンナ様がー」など、少し変わった呼び名で夫を呼ぶ

    「遠回しな『ラブラブ夫婦自慢』ですね。わかります」(30代女性)というように、「ダーリン」「ご主人様」など、内輪の呼び名を人前で恥ずかしげもなく使うことで、周囲の神経を逆なでしている場合があるようです。家庭の外で夫を指すときは、「主人」「夫」と呼ぶのが無難でしょう。

  • 【9】「付き合って3カ月の電撃婚で…」などなれそめについて熱く語る

    「初対面で『あ、この人と結婚するんだ』って感じた話でしょ。でも、ぶっちゃけ妊娠したから焦って入籍したんだよね…?」(30代女性)というように、思い入れたっぷりの自分語りも、あまり熱心すぎると、変に深読みされる恐れがあります。どんなに幸せな話でも、「一度でお腹いっぱい」というのが聞き手の本音だと覚えておきましょう。

初々しい新婚トークも、聞き手の反応を無視したり、何度も繰り返したりすることで「ウザいのろけ話」になってしまうようです。幸せエピソードを披露する前に、まずは相手が興味を持ってくれそうかどうか見極めましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から17日(水)まで
対象:合計327名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock