「パートを始めたい」と切り出すとき、夫をムッとさせてしまう禁句9パターン


家事・育児に専念していた女性が、「そろそろパートを始めよう」と思い立つには、さまざまな理由があるでしょう。夫への伝え方次第では、あらぬ誤解を招き、夫婦仲に深い溝を生じさせてしまうかもしれません。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『パートを始めたい』と切り出すとき、夫をムッとさせてしまう禁句」をご紹介します。

  • 【1】「家計が苦しいから」と夫の稼ぎに不満をもらす

    「『やりくりが厳しい』と伝えたら、『悪かったな!』と逆ギレされた…」(30代女性)というように、「収入が少ないこと」を責めているかのごとく受け取られる発言は、こちらにそのつもりがなくても、夫のプライドを傷つけてしまいそうです。経済的に不安があるなら、「あの子の学費がかかる」などと、パートの具体的な目的を告げるといいでしょう。

  • 【2】「あなたの給料が上がらないし」と嫌味を言う

    「『今年はボーナスカットだったし』の一言で、夫がスネた」(20代女性)というように、ストレートに不満をぶつけてしまうのも、反発を招く原因になるでしょう。会社の業績や社会情勢など、夫の努力ではどうにもならないことを原因に挙げて、一緒に頑張ろうとアピールすればいいかもしれません。

  • 【3】「まかない料理を食べてみたいもん」とお気楽な発言をする

    「『パソコンぐらい、ちょっと教われば楽勝だよね?』と言ったら、ムッとされちゃった…」(20代女性)というように、「労働」への意識が低すぎるのも考えものでしょう。日々さまざまなことに耐えて働く夫を軽んじていると思われては不本意なので、言い方には気を付けましょう。

  • 【4】「刺激が欲しいの」と欲求不満を口にする

    「『うちにいるとヒマすぎて…』という言葉に、不安がよぎったみたい」(30代女性)というように、職場に刺激や出会いを求めていると見なされると、「もしかして、よその男と…」などと要らぬ心配をかけることになりそうです。外に出たいのなら、「社会とつながりを…」と表現すれば、納得してもらえるかもしれません。

  • 【5】「洗濯や掃除はお願いね」と家事を押し付ける

    「『パート始めたら、掃除はあなたの担当で』と持ちかけたら、『毎日クタクタだから勘弁してくれ』と逃げられた」(40代女性)というように、仕事の比重を度外視して家事分担を強要するのでは、嫌がられても仕方がないでしょう。もし頼むなら、「私も頑張るから、協力してね」などと、前向きなトーンで話したほうがよさそうです。

  • 【6】「パート代は私のお小遣いだから」と勝手に決める

    「『よし、バッグを買うぞ!』と意気込んでたら、『え、家計に入れないの?』と突っ込まれた」(20代女性)というように、給与を趣味や遊興費に使う前提では、身勝手だと思われかねません。あとでお金についてもめないように、「半分は家計に」などとルールを決めておいたほうがいいでしょう。

  • 【7】「お隣の奥さんも始めたみたいだし」と人のマネをする

    「『パートするママ友が増えたから』という理由が、気に食わなかったみたい」(30代女性)というように、何となくまわりに流されて働き始めようとする形だと、「そんな姿勢で大丈夫?」と不安視されてしまいそうです。なぜ働きたいのか、自分なりに考えを伝えられるようにしておきましょう。

  • 【8】「まずは仕事用の服をそろえなきゃ」と多額の出費をにおわす

    「『美容室行って、洋服も靴も新調しちゃおう』と口が滑り、『採算が合わない!』と反対された」(30代女性)というように、収入を得る前からお金が飛んでいくと見なされ、夫に渋い顔をされる可能性もありそうです。どんなにウキウキしても、支出についての話は控えたほうが賢明でしょう。

  • 【9】「あなたより稼いだりして」と変な冗談を言う

    「『正社員に抜擢されて、出世するかもよー』なんて、調子に乗りすぎた」(30代女性)というように、上から目線だととられかねない妄想は、夫を不快にさせてしまうかもしれません。「あなたの大変さがわかるかも」というくらい謙虚な発言をすれば、夫も気分よく賛成してくれるかもしれません。

自分が働くことで夫や家庭にデメリットが生じたり、夫を非難してしまうような発言は、避けるのが得策かもしれません。夫の機嫌がいいときを狙って、うまく切り出しましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock