「どんな顔をして聞けばいいの?」と耳をふさぎたくなる、ママ友のぶっちゃけトーク9パターン


本来楽しいはずのママ友とのおしゃべりですが、内容によっては聞いているのが苦痛で、逆にストレスの原因にもなってしまう場合もあるようです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、返答に困ってしまうような明け透けすぎるママ友トークの数々と、その対処法をご紹介します。

  • 【1】「夕べ、ダンナがすごくって」など、こっちが赤面してしまうパパとの夜の報告

    「『夕べは3回だった』と言われて、ドン引き!」(30代女性)というように、リアルなH話には固まってしまうママも多いようです。ただ嫌がるだけでは「ノリが悪い」と思われてしまうので、「ダンナさんの顔が見れなーい」など、やんわり拒否反応を示しましょう。

  • 【2】「若作りすぎてみっともないよね」など、次から次へと湧いてくる別のママへの陰口

    「『あの人出しゃばりすぎじゃない?』なんて同意を求められても…」(40代女性)というように、欠席裁判が始まると、その場にいるのもいたたまれない気持ちになるでしょう。露骨に席を外すと今度は自分がターゲットにされかねないので、「ところで髪型変えた? いい感じ」などと上手に話題の切り替えを図りましょう。

  • 【3】「パート先で口説かれちゃって(ハート)」など返答に困る浮気の告白

    「『モテるっていうより節操ないんじゃない?』と言ってやりたい!」(20代女性)というように、唐突な不倫告白はご遠慮したいママも少なくないようです。あえて子どもやご両親の話題にふれ、彼女の罪悪感を呼び覚ますことで、よこしまな口をふさいでしまいましょう。

  • 【4】「今回は5が3つしかなくて…」など、具体的な子どもの成績の話題

    「テスト結果をやたら細かく教えてくるママ友がいて、逆に『探りを入れてるの?』と疑心暗鬼になる」(20代女性)というように、子どもの学力評価も、ぶっちゃけられたところで居心地が良くないようです。「うちは給食食べに学校行ってるようなもんだから」と、成績とは関係のない学校生活に触れることで、話の着地点をそらしてしまいましょう。

  • 【5】「3日連続で韓流スターが出てきて…」など、リアクションに困る夢の話

    「会うたびに『夕べはあの子に告白されて…』と、自分の夢バナを延々とするママ友。正直、つまんない!」(30代女性)というように、夢の話ほど、他人にとってどうでもいい話題はないでしょう。いっそこちらも延々と「昨夜の夢」を聞かせることで、「夢バナってつまらないんだ…」と気づいてもらいましょう。

  • 【6】「夏のボーナスがカットされて、家のローンが…」など、詳細すぎる家計の実情

    「貯蓄額やご主人の収入を聞いたところで、受け答えに困る」(30代女性)というように、「毎月のやりくり」の内情を打ち明けられるのも、何とも気まずいものでしょう。「うちも大変だけど、ダンナに任せてるから…」と、夫を防波堤にして、言葉を濁すのが無難かもしれません。

  • 【7】「××先生はバツ2で、△△先生はプチ整形」など、詳しすぎる先生たちの噂

    「先生の裏事情にやたら詳しいママ友。あんたは女性週刊誌か!」(30代女性)というように、誰もが多少は関心のある先生たちの噂も、度が過ぎるとコメントにも困るでしょう。ただ、情報として知っていて損はないので、口は挟まず聞き耳だけ立てておいてもよさそうです。

  • 【8】「息子がまだムケてないんだけど…」など、子どものデリケートな体の問題

    「『うちのは下の毛もまだでー』とか、息子さん年頃なのに…」(40代女性)というように、子どもの発達に関する暴露も、話題によっては目がテンになってしまいそうです。「うちは見てないから分からないわ」など、興味のない振りをして、スルーするのが無難そうです。

  • 【9】「実は長女だけダンナの子じゃないの」など、ヘビーすぎる打ち明け話

    「『別の人との子だって承知の上で、いまの夫が結婚してくれたの』と告げられて、言葉に詰まった」(30代女性)というように、ディープすぎる告白も、重い気持ちにさせられるでしょう。運悪く聞かされてしまったら、「そっか…」と口数少なくやり過ごし、話を尻すぼみにさせてしまいましょう。

ママ友とのガールズトークも、節度がなさすぎる話題は、聞き苦しいものです。始まったな、と思ったら、さっと身を翻す知恵を身につけましょう。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock