周囲から「この子、使える!」と思われる新人の行動9パターン


あまりスキルには差がなさそうな新入社員に対して、先輩たちはどこで「使えるか使えないか」をチェックしているのでしょうか。それを知っておけば、将来転職して新しい職場で働くときにも役立つでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに「周囲から『この子、使える!』と思われる新人の行動」を探ってみました。

  • 【1】いつでも率先して電話をとっている

    「新人の仕事だけど、働く意欲がない子は避けちゃう気がするので」(20代女性)と、誰よりも早く電話をとる姿にやる気を感じる、という意見もありました。電話の内容によって的確な伝言メモが残せると、さらに「デキる感」がアップしそうです。

  • 【2】人の話をよく聞きメモを欠かさない

    「新人のときには、わからないことだらけ。メモに学ぼうとする姿勢が出ると思う」(20代女性)など、メモの重要性を挙げる人もいました。何度も同じことを説明させられるとうんざりする先輩も多いので、アドバイスや説明は必ずメモをとり、なるべく一度で頭に入れるようにしましょう。

  • 【3】言われなくても先を読んで仕事をこなしている

    「言われたことしかしない子が多いので、自分で仕事を見つけられる子は好印象」(20代女性)というように、周囲をしっかりチェックして進んで動ける新人は評価されるようです。ただし、先走って失敗しては元も子もないので、少しでも疑問を感じたら、その都度確認するといいかもしれません。

  • 【4】早めに出社してその日の仕事の準備を整えている

    「早出をして仕事をする環境を整えている新人は、やっぱり仕事もできる!」(30代女性)と、朝の時間を活用する姿勢も高評価につながるでしょう。出社してきた先輩たちに「おはようございます!」と笑顔で挨拶すれば、さらに印象アップが狙えそうです。

  • 【5】少しヒントを与えただけで話の内容が理解できる

    「頭の回転がいい子なんだな、と一目置いちゃいます」(20代女性)のように、話ののみ込みが早いと、一緒に働きやすい子だと思ってもらえるようです。さらに、気持ちのよい返事をしたり、要点を復唱したりすると、しっかり理解していることがアピールできるでしょう。

  • 【6】電話の相手に対して、的を射た対応ができている

    「そつなく電話対応ができる新人は、社会人としてのスキルが高いと思う」(30代女性)というように、クレームなどの電話対応のよしあしからデキる度がわかる、という声もありました。この機会に、先輩たちの電話対応の仕方に注意を払い、言い回しやメモのとり方をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】要所要所で報告、連絡、相談ができる

    「仕事はチームプレーだから、独りよがりじゃないことも大切」(20代女性)のように、一緒に働くチームとして、自分の仕事の進捗を逐一先輩に知らせる姿勢も重要なようです。先輩や上司が一息ついたタイミングを見計らって近寄ると、空気が読める子だという評価も得られるでしょう。

  • 【8】上司であっても、間違っていたらきちんと指摘する

    「私も言えなかったことを新人が言ったときには、『おお!』と見直しちゃった」(20代女性)など、新人の度胸に頼もしさを感じる人もいました。「この方法のほうが簡単じゃないですか?」など、新人ならではの無邪気な態度で聞いてみると、角も立たないでしょう。

  • 【9】帰り際に「何か手伝うことはありませんか?」と確認してから退社する

    「『先輩より先に帰るのは申し訳ない』と思っていることも伝わるので、毎日必ず言うといいと思います」(30代女性)というように、退社時に残業の有無を確認すると、まわりにやる気が伝わるようです。ただし、外せない用事があるときは、朝一番で「今日は定時で帰ってもいいでしょうか?」と聞いておくといいかもしれません。

「仕事ができないのは当たり前」と開き直らず、素直に先輩たちから学ぶ姿勢を見せる新人に、好印象を抱く人が多いようです。ほかにも「こんな新人には一目置いてしまう」というエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock