男性社員が考える「仕事で婚期を逃しそうな女性」の特徴8パターン


アラサーやアラフォーになっても結婚せず、仕事ばかりしていると、「売れ残り」や「いき遅れ」などと囁かれ、世間の目がきつくなってくることもあるでしょう。では、男性から見て婚期を逃しそうな女性には、一体どんな特徴があるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「男性社員が『仕事で婚期を逃しそうだな』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】深夜、土日も関係なく働き続けている

    「仕事ばかりしていると、出会う時間もないだろうし、付き合ってもうまくいかなそう」(30代男性)というように、仕事を頑張りすぎてプライベートを犠牲にする女性は、結婚に縁がなさそうだと思われるようです。忙しくてもきちんと休み、いろいろな場所に行くことで、出会いのチャンスも生まれるのではないでしょうか。

  • 【2】仕事以外にプライベートで楽しめる趣味がない

    「趣味がないと話も盛り上がらないし、それじゃあ相手を見つけることも難しいでしょ」(20代男性)と、プライベートな時間が充実していない女性は男性からも魅力がないと思われてしまうようです。今は打ち込める趣味がなくても、新しいことに挑戦して、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】いつでもきっちりとスーツを着ていてスキがない

    「私服でくつろいでる姿が想像できない。プライベートでもスーツを着てそう(笑)」(30代男性)など、オンタイムの服装でも、婚期が遠のく印象を与えてしまうことがあるようです。戦闘服としてスーツを着るのは良いですが、たまにはラフなスタイルで出社して、女性らしい印象づくりに努めてはいかがでしょうか。

  • 【4】自分よりも給料が多いか少ないかで男性の善しあしを判断する

    「お金でしか人を判断できない女性は絶対にイヤ。そんな人は結婚できる気がしない」(30代男性)など、男性を測る物差しに問題があると思われる女性もいるようです。経済的な面も大切ではありますが、相手のいいところを見つけるよう心がけると、素敵な人との恋のチャンスも生まれそうです。

  • 【5】口癖のように「忙しい」と言っている

    「せわしなく働く女性に魅力を感じないし、彼氏よりも仕事を優先しそう」(30代男性)など、あまりにも多忙な女性は、恋愛に興味がなさそうだと思われてしまうようです。忙しい人には、楽しいお誘いもしづらいもの。たとえ忙しくても口に出さず、余裕を見せるくらいの気持ちでいましょう。

  • 【6】仕事で男性に負けることを何よりも嫌う

    「男性をライバルとしか見ていないので、恋愛や結婚ができるのかなーと思う」(20代男性)など、男性に対する負けん気が強すぎると、敬遠されてしまうこともあるようです。仕事に一生懸命なのはいいことですが、闘争本能をむき出しにするのは控えたほうが良さそうです。

  • 【7】職場ではいつも化粧っけがない

    「すっぴんじゃ、飲みに誘う気にもなれません(苦笑)」(20代男性)など、忙しさにかまけて自分を磨く努力をしていない女性は、婚期を逃すと思われがちのようです。通勤途中や打ち合わせ先など、いつ運命の人と出会ってもいいように、メイクもファッションも手を抜かないようにしましょう。

  • 【8】どんなときでも仕事優先で、飲み会やイベントに参加しない

    「会社でもそういう態度じゃ、外で誰かと出会う機会も作れないだろうなーと思う」(20代男性)と、仕事関係の楽しげなイベントに顔を出さない女性は、プライベートでも同じ姿勢だと思われてしまうようです。たとえ仕事が忙しくても、たまに一緒に飲んで盛り上がると、職場の男性陣との距離も縮まるかもしれません。

ほかにも、「男性社員が『仕事で婚期を逃しそうだな』と感じる女性の特徴」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock