「むしろ萌える!」と男性が興奮する女の子のオタ要素9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約500名の女性に行ったアンケートによると、約半数が「オタクの種類によっては共感する」と答えました。ならば女性のオタク的な要素に惹かれる男性も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者の声を参考に、「『むしろ萌える!』と男性が興奮する女の子のオタ要素」をご紹介します。

  • 【1】男性が好きなアニメの魅力に心底共感できる

    「彼女と趣味が同じだと楽しそう」(20代男性)というように、アニメが好きな男性にとっては、彼女がアニメオタクで好きな作品も同じなら嬉しいという声も。ただし、お互い真剣に作品を観ているからこそ、作中のセリフの捉え方などについて意見が衝突したりするかもしれません。

  • 【2】コスプレ好きで、変わった衣装でも喜んで着る

    「僕のオーダーにも付き合ってくれるかな?」(30代男性)というように、自分の好きなキャラの服を着てくれそう、という意味で女性コスプレイヤーに萌える男性も。相手に少しでもオタク要素がある場合は、コスプレ好きを公言してもいいかもしれません。

  • 【3】愛用のメガネが似合っており、本を読む姿がかわいい

    「メガネ女子、最高!」(20代男性)というように、女性がメガネをかけて本を読む姿に萌えている男性は結構います。読書中も男性からの視線を意識して、メガネやブックカバーにもこだわってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】普段はおとなしいが、話題が得意分野に及ぶと夢中になって話し出す

    「アニメについて話すと急にテンションがあがってカワイイ!」(30代男性)というように、もの静かなオタク女性が、突然、饒舌になるギャップに惹かれるという男性も。好きなことに話題が及んだら、目を輝かせる自分を見てもらうために、思い切り語るといいでしょう。

  • 【5】スポーツ観戦が好きで、選手のプロフィールや成績も熟知している

    「一緒に観戦に行けるし、選手起用について議論できたりするから」(30代男性)というように、スポーツオタク女性の場合も、男性と意気投合できる場面が多そうです。たとえば、「2軍の試合も観る」などと言うと知識の豊富さが伝わり、男性に「おお!」と感心されるかもしれません。

  • 【6】マンガに詳しく、オススメ作品を教えてくれる

    「お互いに知識を高め合うことができそう」(20代男性)というように、マンガ好きな女の子と本の貸し借りや情報交換をしたいという男性も。作品を紹介するとき、「○○が好きなら△△も好きかも」などと男性の好みを踏まえると「ボクのために考えてくれている」と喜ばれそうです。

  • 【7】戦国大名などに詳しい「歴女」で、歴史好きな男性とも対等に語り合える

    「一緒に史跡巡りもできそう」(30代男性)というように、話し相手を探している歴史好き男性にとって、本気の「歴女」は萌える存在。武将のかっこよさだけでなく、生い立ちや性格まで関心を広げて知識をつけるといいかもしれません。

  • 【8】ゲームが上手で男性と真剣勝負が楽しめる

    「デートでゲームなんて普通はできない」(20代男性)というように、ゲーム好きの男性にとって、ゲーマー女性は楽しみを共有できる存在のようです。気になる男性と同じソフトで遊んだことがなくても「それやってみたかったんだー」と言えば、「じゃあ、今度一緒にやる?」とお誘いがあるかもしれません。

  • 【9】カラオケでアニソンやボカロも歌える

    「こっちも遠慮せず好きな歌を選べる」(20代男性)というように、アニメソングやボーカロイドの曲を楽しく歌える女の子も、オタク気質を持った男性に受けるようです。相手がアニメ好きでなくとも、ふたりとも子供時代に観ていた作品なら、その主題歌で一緒に盛り上がれそうです。

一緒に語れる何かがあり、好きなことに没頭している姿が輝いている…そんな女性に惹かれる男性は少なくないようです。オタクを隠すよりもさらけ出したほうが、理解のある男性と出会えるのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock