ママ友が漏らす「夫への不満」にイラッとくる瞬間9パターン


ママ友がふとこぼす夫の愚痴は、一方的に聞かされると、うんざりしてしまうものです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、ありがちな「夫への不満」を紹介しながら、穏便に会話を終わらせるアイデアをお届けします。

  • 【1】「ボーナス下がっちゃって」などと、夫の収入に不満そうだったとき

    「安月給と言いながら、うちよりも高いんですけど…」(30代女性)といったように、世帯ごとに格差のあるものを引き合いに出されると、共感はしにくいものです。「家計のやりくりって大変だよね。何か工夫してる?」とさりげなく水を向けると、それ以上収入の話が続くのを防げるかもしれません。

  • 【2】「プレゼントのセンスが悪い」などと、夫の気遣いへの評価が厳しすぎるとき

    「『ノーブランドのジュエリーとか、ありえない』って言うけど、うちのダンナがくれたのなんて、磁気ネックレスだよ!」(40代女性)など、自分の基準では十分幸せだと思われるママ友の愚痴トークには、イラッとさせられるかもしれません。「優しいダンナさんね」とひとまずほめて、心のざわつきをやり過ごしましょう。

  • 【3】「オンナがいるんじゃ…?」などと、証拠もないのに夫の浮気を疑っているとき

    「同窓会にモトカノが来てたかどうかを執拗に追及。そんなにモテるようにも見えないんだけど…」(20代女性)というように、やきもち焼きのママの打ち明け話は、リアクションに困るでしょう。「モテるダンナさんの奥さんは大変ね」などと一般論にすり替えてしまうのも一案です。

  • 【4】「洗濯物の干し方が雑」などと、夫の家事に対する要求水準が高すぎるとき

    「『ご飯のあとに食器を洗わない』って…。ウチは洗うだけでも年に1度だよ!」(20代女性)など、夫の家事に過剰な期待を寄せるママ友に、違和感を覚えることもありそうです。「手伝ってくれるだけいいよ。うちなんか…」と自分の夫を持ち出して世間のレベルをほのめかしてみるのも良いでしょう。

  • 【5】「お菓子を食べられた」などと、どうでもいいことで怒っているとき

    「『プリン取られた!』って子どもの喧嘩かよ…」(20代女性)など、ささいなことで怒っているママ友には、まともに取り合う気をなくしてしまうでしょう。「私なんて、勝手に保険を解約されて…」などとさらに深刻なケースを持ち出してみれば、ママ友の気持ちも収まりそうです。

  • 【6】「寝かしつけぐらいでイクメン面して!」などと、十分すぎる育児姿勢に不服そうだったとき

    「『ウンチのおむつを替えてくれない』ってやってくれるだけマシじゃん」(30代女性)といったように、夫の育児参加に対する評価が厳しいママにも「そこ、怒るところ?」と感じる場合があるでしょう。「うちなんてお風呂にも入れてくれないよ」などと話して、自分がいかに恵まれているかを教えてあげるのもひとつの手です。

  • 【7】「帰りが遅い」などと、恵まれているのに文句を言っているとき

    「8時帰宅で『ヒドい会社』だなんて、むしろ恵まれてるほうだよ!」(30代女性)というように、不平を言うほどでもないことでこぼす人にも、うんざりさせられるでしょう。あまりにズレているようなら、「うちも週3日は終電だよ。遅いと身体も心配よね」と、それとなく世間の平均的な認識を伝えてしまっても良いでしょう。

  • 【8】「また車を買い替えたの」などと、実は生活水準の高さをひけらかしているとき

    「『今度も国産車を選んだのよ。つまんないわ』ってため息をつかれても…」(40代女性)といったように、不満と見せかけて実は自慢をしたいだけのママにも、引いてしまうことがあるでしょう。「どんな車? 快適?」などと、さらに自尊心をくすぐってあげると、ソツなくやり過ごせるかもしれません。

  • 【9】「体臭がきつい」などと、夫への生理的な嫌悪感をあけすけに語られたとき

    「『口がクサい』とか、正直コメントしづらい」(20代女性)というように、夫婦のデリケートな問題をぶちまけられても、戸惑ってしまうでしょう。「お医者さんに相談してみたら?」などと親身にアドバイスすれば、それ以上は愚痴りにくい雰囲気に持ち込めそうです。

どれだけ親密な関係になったママ友でも、夫婦間のことに余計な口は挟みにくいものです。深入りしない程度に同意しておくのが、賢いリアクションの仕方なのかもしれません。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock