【ランキング】元カレに「歴代彼女の中で君が1番だった」と思われる瞬間ベスト3


1370922142291 200x200

元カレに未練はなくとも、別れたことを後悔していてくれていると、ちょっぴり嬉しいですよね。同窓会や職場など、案外元カレと顔を合わす機会って多いような気がします。そんな機会で、私たちがどんな振る舞いをすれば、男性の未練をくすぐれるのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』男性会員を対象に「元カノと別れたことを後悔する瞬間」をリサーチ。その結果から、「元カレに『歴代彼女の中で君が1番だった』と思われる瞬間ベスト3」を発表します。

【1位】元カノの笑顔を見たとき。(49票)
・「今まであの笑顔に癒されていたんだなぁと痛感した」(30代男性)
・「二人で笑った時の思い出がよみがえってしまいます」(20代男性)
・「オレがいなくても楽しそうだなぁとションボリ」(10代男性)

【2位】自分とつきあっていたときよりキレイになっていたとき。(34票)
・「自分とつきあっていた頃よりやせてキレイになっていた。なぜふったんだろうと思った」(20代男性)
・「『オレの時よりもいい恋してるのかも!』と、悔しくなる」(20代男性)

【3位】何も飾らずに、一緒の時間をナチュラルに過ごせたとき。(29票)
・「会話の内容よりも、話すペースや間が心地よかった」(20代男性)
・「『やっぱりこの子が一番自分をわかってくれてたんだ』と、涙がこぼれます(笑)」(30代男性)


笑顔でいること、元気でいることが「素敵な子だったな」と思わせる秘訣なのかもしれません。後悔させたいというよりは、この子と付き合って良かったと思われたいものです。「あの時はありがとう」「楽しかったよね」と言われると、嬉しくなりませんか? 「私はいい恋をしたんだ」と胸を張る余裕があれば、元カレの幸せも心から願えるはず。そうなって初めて、失恋の痛みは消え、私たちの新しい恋がスタートするのかもしれませんね。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計204名(スゴレン男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年5月28日現在