「急いで処理してあげなきゃ!」と上司に思わせる書類の渡し方9パターン


デートや飲み会などの予定があって早く帰りたいのに、今日中に対応しなければならない仕事の処理が上司のところで止まっている…。そんなもどかしい経験をしたことがある人も多いでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『急いで処理してあげなきゃ!』と上司に思わせる書類の渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「これお願いします」と書類を渡し、その場で待機する

    「そばに立って無言の圧力を与えてしまうことも(笑)」(20代女性)というように、忙しい上司が相手だからこそ、時には強引な手段も必要かもしれません。対応してもらえたら、「お忙しいところ、本当にありがとうございました」と、丁寧にお礼を伝えましょう。

  • 【2】「先方が急いでいるみたいで…」と取引先の意向だと伝える

    「仕事相手を持ち出せば、一発です」(20代女性)というように、取引先が待っていることを伝えれば、腰の重い上司もすぐに動いてくれるのではないでしょうか。後で「先方も助かったみたいです」など、上司のおかげでスムーズに仕事が進んだことを伝えるとよさそうです。

  • 【3】「判を押していただくだけです!」と作業が簡単だとアピールする

    「面倒くさそうな仕事は後回しにされがちなので」(30代女性)というように、すぐに処理できる仕事だとわかるようにお願いするのも、素早く対応してもらうためのコツかもしれません。捺印の必要なところにフセンを貼って渡すなど、上司の仕事が楽になる工夫をすれば、「気が利くな」と好評価も得られそうです。

  • 【4】「進捗はいかがでしょうか」と、繰り返し確認する

    「何度も確認することで、急いでいる感をアピール!」(20代女性)というように、繰り返しプレッシャーをかける人もいるようです。ただし、しつこくやりすぎると上司の怒りを買う可能性も。相手が不快にならない範囲で声かけをしましょう。

  • 【5】「○時に取りにきますね!」と締め切り時間を明確に伝える

    「いつまでと言っておけば、その時間をすぎても処理されていない時に催促しやすい」(40代女性)という声もあり、締め切りをはっきり伝えることも大切なようです。ただし、忙しい上司には「○時までにお願いしたいのですが…」とお伺いを立てる形にすると、機嫌を損ねることもなさそうです。

  • 【6】「○○さんは処理が早くて助かります」とヨイショしつつ念押しする

    「笑顔で持ち上げると効果てきめん!」(20代女性)というように、上司を褒めつつ仕事をお願いすると、事がすんなり運ぶかもしれません。仕事を処理してもらったら、「さすが○○さん!」と、再度ヨイショしておくと、気を良くして次回からも早めの処理を心がけてくれるのではないでしょうか。

  • 【7】「メールでお願いした件です」と、事前にメール依頼したうえで打診する

    「急ぎだと不機嫌になる上司もいるから、根回しは必要かも」(30代女性)というように、事前にスケジュールを伝えておくと、上司も段取りをつけやすいのではないでしょうか。ただし、忙しい上司の場合は、メールそのものを見落とされる可能性も。「先ほど仕事のお願いでメールしました」など、ひと声かけると安心でしょう。

  • 【8】「大至急お願いします!」と周囲にも聞こえるように言って書類を渡す

    「やりすぎかなと思いつつも、すぐに処理してくれる確率が高い(笑)」(20代女性)というように、同僚の視線を監視網とするパターンです。そのかわり、対応してもらえたら、大げさなくらいお礼を言って、周囲にも処理してもらえたことをアピールしましょう。

  • 【9】「この間忘れられていたので、今回はお願いしますよ!」とチクリと釘をさす

    「仲よしの上司には、これくらい言っても大丈夫」(20代女性)というように、相手との関係性によっては、お願いした仕事を忘れられた過去の「貸し」を持ち出すのも手かもしれません。ただし、嫌味ととられないよう、明るく冗談っぽいトーンで打診しましょう。

ほかにも、「急いで処理してあげなきゃ!」と上司に思わせる書類の渡し方について、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock