男性社員が「こんな子と結婚したいな」と思った仕事中のさりげない優しさ9パターン


ステキな男性と仕事をしていて、思わず「この人と結婚したら…」と想像したことがある女性もいるでしょう。男性も、仕事中に同じようなことを想像する瞬間があるようです。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「男性社員が『こんな子と結婚したいな』と思った仕事中のさりげない優しさ」をご紹介します。

  • 【1】仕事の愚痴や不満を言ったとき、「うんうん」と黙って聞いてくれる

    「家庭でも悩みを聞いて、支えてくれそう」(30代男性)というように、真剣に話を聞いてくれる女性に好感を持つ男性も多いようです。解決策を助言するというよりは、意見を求められたときに答えるくらいにして、まずは黙って相手に話したいだけ話させるほうが良さそうです。

  • 【2】仕事が立て込んでいるとき、労いの言葉をかけてくれる

    「単純だけど、ストレートな優しい言葉には弱いかも」(30代男性)など、周りに気配りができる女性に心ときめく男性もいるようです。余裕があれば、言葉をかけるだけでなく、ちょっとした作業を手伝ってあげてもいいのではないでしょうか。

  • 【3】ミスをしたとき、何も言わずにフォローしてくれる

    「結婚生活でどんなことがあっても、一緒に乗り越えてくれそう」(20代男性)というように、縁の下の力持ち的存在になってくれる女性に対し、結婚を意識するという声もあります。また、女性からミスを注意されると、「プライドを傷つけられた!」と感じる男性もいるようです。あまり大きなミスでなければ、責めずに指摘するだけでいいのかもしれません。

  • 【4】急に仕事をお願いしたとき、嫌な顔をせず引き受けてくれる

    「予想外なことが起きても、上手く収めてくれそうだから」(20代男性)というように、イレギュラーな事態にも冷静に対応できる女性に好感を持つ男性もいるようです。残業になってしまったら、仕事終わりに飲みに誘うなどして、関係を深めてはいかがでしょうか。

  • 【5】酔っぱらったとき、いつもより優しく世話してくれる

    「結婚するなら、ダメな自分も包み込んでくれる子がいい」(20代男性)というように、世話好きで包容力のある女性との結婚を望む男性もいるようです。間違っても、自分が酔っぱらって男性から世話をしてもらうことにならないよう、注意したいところです。

  • 【6】ちょっと体調を崩しているとき、変化に気づいて心配してくれる

    「結婚したら、子どものことも優しく世話してくれそう」(20代男性)など、体を気づかってくれる相手に「結婚」という文字を想像する男性もいるようです。彼が弱っているときに、無理をしないようサポートしてあげると、さらに好印象を与えることができそうです。

  • 【7】ネクタイが曲がっているとき、キレイに結び直してくれる

    「ベタだけど、新婚生活を想像してしまう(笑)」(20代男性)というように、仕事中のスキンシップから、甘い結婚生活に思いを馳せる男性もいるようです。おせっかいだと思われることもあるので、まずは「ネクタイが曲がっていますよ」などと声をかけてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】残業や休日出勤をしているとき、差し入れを持ってきてくれる

    「他人に優しい女性なら『結婚してもいいなー』って」(20代男性)と、仕事以外の部分でサポートしてくれることも、男性にとっては重要なポイントのようです。特に、疲れている男性は優しさに飢えていることが多いので、良い印象を与えられるのではないでしょうか。

  • 【9】雨でスーツが濡れたとき、ハンカチで拭いてくれる

    「こういうことがさらっとできる女性は、家のこともきちんとこなしてくれそう」(20代男性)というように、将来を考える相手には「家庭的」であることを求める男性が多いようです。さりげなく気配りができるよう、日ごろから周りをよく観察することが大切になりそうです。

ほかにも「男性社員が『こんな子と結婚したいな』と思った仕事中のさりげない優しさ」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock