「あれ、こんなにかわいい人だっけ!?」と後輩男子がギャップ萌えする振る舞い9パターン


先輩として、時には注意もしなくてはいけない職場の後輩男子との関係づくりは、なかなか難しいもの。しかし、女性である以上「かわいい人だな」と思われたいというのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、20代から30代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に「『あれ、こんなにかわいい人だっけ!?』と後輩男子がギャップ萌えする振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】姉御肌なのに、仕事ぶりを褒められると照れた表情を浮かべる

    「真っ赤になって照れる様子にキュン!」(20代男性)というように、普段は見せない一面をのぞかせることで、後輩男子から「かわいいな」と思われそうです。後輩にとって「頼もしい先輩」的な存在の女性ほど、効果的に使えるテクかもしれません。

  • 【2】いつもは辛口で厳しい性格なのに、いざというときは後輩をかばう

    「怖い先輩だとばかり思っていたけど、一気に大好きな先輩に昇格」(20代男性)というように、後輩がピンチの時に守ってあげると、印象がアップするようです。何かあった時に頼りになる存在だとわかれば、日頃の辛口発言も素直に受け止めてもらえそうです。

  • 【3】大人のお姉さまオーラ全開なのに、周囲を和ます冗談を言う

    「こんなギャグも言うのかと思ったら、一気に親近感が増した」(20代男性)というように、上品な雰囲気の人ほど、後輩の驚きも大きそうです。ただし、関係性が深まる前に下ネタや自虐ネタなどを飛ばすと、相手が引いてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

  • 【4】普段はクールなのに、自分の趣味については熱く語る

    「先輩の素顔を自分だけが知っている気がして、ドキッとした」(20代男性)というように、プライベートな一面に触れて、先輩への印象がガラリと変わることもあるようです。競技人口の少ないスポーツのファン、大のロック好きなど普段とのギャップを見せると、後輩の関心も高まりそうです。

  • 【5】男性顔負けの仕事ぶりなのに、わからないことがあったときは素直に頼る

    「先輩に信頼されていると感じるので、とにかく嬉しい」(20代男性)というように、後輩の自尊心をくすぐることで、仕事がはかどるうえに自身の好感度までアップさせられる、一石二鳥のパターンです。ここぞとばかりにかわいらしく「教えて!」と頼ることで、後輩のやる気も引き出せそうです。

  • 【6】いつもはデキるOL風なのに、時々ドジを踏む

    「優秀だと有名な先輩が、デスクに飲み物をこぼして大慌て。スキがあって新鮮!」(20代男性)というように、完璧な人のちょっとしたミスは、相手をほっこりさせることがあるようです。ただし、ミスはないにこしたことはありません。失敗がないよう心がけるのは大前提でしょう。

  • 【7】男前な性格なのに、仕事でミスしたときは落ち込んだ表情を見せる

    「普段からは想像もできないしょげっぷりを見て、『守ってあげたい』と思った」(20代男性)というように、男性はいつも元気な女性の弱った姿に弱いようです。見かねた後輩に声をかけられたら、強がらずに「ちょっと落ち込んじゃって…」と素直に認めたほうが好感をもたれそうです。

  • 【8】ドライな性格かと思いきや、飲み会で大はしゃぎして羽目をはずす

    「ここで見せている表情が本来の姿なのかな。かわいいじゃん」(20代男性)というように、お酒の力を借りて素顔を見せるのもアリかもしれません。ただし、絡み酒や泥酔など、悪い酔い方をすると、今後の仕事にも影響が出かねません。楽しいお酒の席になるよう、飲み方には注意しましょう。

  • 【9】サバサバした性格なのに、送迎会など別れの場では感極まって涙を見せる

    「本当はやさしい人なんだろうなと、見る目が変わった」(20代男性)というように、義理人情に厚い性格が垣間見えてグッときたという声もありました。「映画を見て泣いちゃった」など、感受性豊かな一面をアピールするのも、同じような効果がありそうです。

ほかにも、「あれ、こんなにかわいい人だっけ!?」と後輩男子がギャップ萌えする振る舞いについて、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock