結婚式出席のために服を新調したい!夫に認めてもらう一言9パターン


結婚式に招待されたのに、身に着けるものが何もない…。日ごろから節約生活に協力してくれる夫に「ドレスやアクセを買いたい」という希望を上手に伝えるには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「友人の結婚式に招かれたとき、『服やアクセを新調したい!』を夫に認めてもらう切り出し方」をご紹介します。

  • 【1】「これじゃ、あんまりでしょ?」と古いドレスを着てみせる

    「手持ちの中で一番ダサいワンピを着てみせ、これはあんまりだと夫に思わせる」(20代女性)というように、漠然と「新調したい」と伝えるのではなく、「まともな服が一着もない」と思わせてしまえば話が早いでしょう。現在の体型に合っていなかったり、デザインが時代遅れなど、男性でも一目で「さすがにひどい」とわかるものを引き合いに出したほうがよさそうです。

  • 【2】「大切な友達のお祝いだから」と特別感を強調する

    「『キレイな格好じゃないと、友人に恥をかかせちゃう』と礼儀を盾にする」(30代女性)というように、「祝い事」「失礼」といった理由をあげれば、夫も反論しにくくなりそうです。さらに「あなたも、自分の式に親友がみすぼらしい格好で来たらガッカリしない?」と正論で押し切りましょう。

  • 【3】「前のはサイズが合わなくなって…」と必要性を訴える

    「『いやいやいやいや、カビ生えてるし』と一刀両断」(30代女性)というように、「服なら持ってるだろ」という反論には、「無理」と即答してしまうのがいいでしょう。とはいえ、ただのわがままだと思われると心外なので、理由をきちんと説明する必要がありそうです。

  • 【4】「素敵な奥さんだと思われたいでしょ」と他人の評判を意識させる

    「『あなたと結婚して女っぷりが上がった私を見てほしい』と自尊心をくすぐる」(30代女性)というように、夫のパートナーとして、少しでもよく見られたいという言い方をするのもいいでしょう。「私にどういう格好をしてほしい?」などと夫の気分を盛り上げて、巻き込んでしまうのもよさそうです。

  • 【5】「こんなときのために貯めてたの」と資金があることをアピールする

    「『貯金してた甲斐があったね!』とうれしそうに同意を求める」(30代女性)というように、予算はすでに確保している前提で話を進めれば、しぶしぶでも了承してくれるかもしれません。あらかじめ「2万円以内に収めるね」などと宣言しておくことで、夫も安心してくれそうです。

  • 【6】「長く使えるものを選ぶね」と一回きりじゃないことを訴える

    「『これから結婚する予定の友達もたくさんいるしね』と強調する」(20代女性)というように、決して無駄遣いではなく、とにかく賢い買い物なのだと力説するのもひとつの手です。セールの時期を狙う、着回しのきくものを買うなど、夫が納得しそうなお得ポイントをいくつか考えてみましょう。

  • 【7】「その分、これからもっと節約するね」とけなげさを装う

    「『いつも節約に協力してくれてありがとう』としおらしい態度をみせてから、交渉開始!」(40代女性)というように、言葉巧みに夫の情に訴えるのもいいでしょう。「これから3カ月は買い物を我慢するから」などと努力する姿勢をみせれば、あなたの本気度が伝わって、夫の心が動くかもしれません。

  • 【8】「写真に残るから、前と一緒じゃねえ…」と状況を想像させる

    「『同級生5人で、いつも同じドレスなのは私だけ』と画像を見せる」(30代女性)というように、かわり映えのしない装いで出席するのは恥ずかしいと主張するのもいいでしょう。「男の人には理解しにくい悩みだろうけど…」と前置きしておくと、「そういうものか」と耳を傾けてくれるかもしれません。

  • 【9】「いつも頑張ってるから」と自分へのご褒美だと言い張る

    「『考えてみたら、ここ1年は洋服を買ってないなあ』と寂しそうにつぶやく」(30代女性)というように、日ごろの節約ぶりをアピールしてみる手もあります。「そうだ! あなたも頑張ってるから、一緒に何か買わない?」などと誘ってしまえば、ふたりでハッピーになれて円満かもしれません。

個人的な大きな出費を夫に認めてもらうには、ぐちぐち言わずに明るく交渉するのがポイントかもしれません。自分も普段から、夫に対してある程度おおらかに接していると言い出しやすいでしょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock