仮病かどうか見極めが難しい「おなかいたいから園を休みたい」への上手な対応9パターン


さっきまで元気だったのに、突然「おなかがいたい」と登園を渋る子ども。幼いわが子の訴える体調不良が本当なのか判断に迷うとき、親としてどのように対応すればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「仮病かどうか見極めが難しい『おなかいたいから園を休みたい』への上手な対応」をご紹介します。

  • 【1】「お医者さんに診てもらおう」と誘う

    「『病院に行かなきゃね』と言ってみて、嫌がったら仮病の可能性大!」(30代女性)というように、「お医者さん」「病院」などの言葉にどう反応するのかは、大きな判断材料になりそうです。受診は渋っても本当に痛みが強そうであれば、ただの医者嫌いかもしれないので、早めに病院へ連れて行ったほうが安心でしょう。

  • 【2】「どんなふうに痛いの?」と症状を詳しく聞く

    「『痛い場所を教えて』と聞いたら、しどろもどろに…」(20代女性)というように、体の変調についていろいろ尋ねるうちに、返答に矛盾が出てきたり、はぐらかしたりしたら、ただの仮病かもしれません。とはいえ、小さい子はまだうまく表現できないこともあるので、問い詰めたりせず、優しい口調で接しましょう。

  • 【3】「本当にお腹が痛いのかな?」と探る

    「『あんなに遊んでたのに、あれー?』と顔をのぞき込む」(20代女性)というように、わが子の主張がかなり疑わしい場合は、笑顔でツッコミを入れるのもひとつの手です。「さて、本当はどっちでしょうか。発表です!」などと明るく話を向けると、子どもも本心を打ち明けやすいかもしれません。

  • 【4】「じゃあチョコはやめておこうか」と好物の名前を挙げて反応を見る

    「『おやつにアイス用意してたのに』と残念そうにしたら、『やっぱり痛くない』と白状した(笑)」(20代女性)というように、好きな食べ物をダシにすると、思わずつられる子は多そうです。ウソだと言いにくそうなら、「よくなったら食べよう」と誘導することで、すぐ治ったと言い出すかもしれません。

  • 【5】「もしかして行きたくないの?」と心配そうに探る

    「『幼稚園で嫌なことがあった?』と核心を突く」(40代女性)というように、登園を避けたがる兆候を感じたら、子どもと目線を合わせて話を聞いてみましょう。その日は本当に体調がすぐれないだけだったとしても、いい機会なので「何でもママに相談してね」などと言い含めておくとよさそうです。

  • 【6】「今日の給食はハンバーグなのに…」とその日の楽しみをチラつかせる

    「『あ、工作教室の日だよ!』と息子の好きな活動でカマをかける」(30代女性)というように、園に行きたくなるような話題を出して、反応を試す方法もあります。普段なら大喜びする話にまったく乗ってこないようなら、本当に調子が悪い可能性が高いので、受け流さずにきっちり対応しましょう。

  • 【7】「元気になあれ!」とおまじないをかける

    「『ギュっとしたら治るよ』と思いっきり抱きしめたら、笑顔になった」(30代女性)というように、不安を感じている子どもには、安心して登園できるように暗示をかけてあげるといいでしょう。「お母さんが応援してるからね」などと優しい言葉をかけ、笑顔で背中を押してあげましょう。

  • 【8】「あら、突然だね」と軽く受け止める

    「『偶然! ママもさっき痛かったけど、すぐ治ったよ!』と調子を合わせる」(30代女性)というように、深刻そうにせず、あえてサラッと対処するのもいいでしょう。それでも辛いと主張してきたら、「ここかな?」などと体を触りながら反応をみて、きちんと症状を確かめましょう。

  • 【9】「だったら今日は一日寝てなさい」と休養を言い渡す

    「『お休みしてもいいけど、テレビも遊ぶのも禁止だよ』と言って聞かせる」(20代女性)というように、休んでも楽しいことができないと納得させると、「だったら登園するか」という気になるかもしれません。おうち遊びが好きな子には「何かやりたいことでもあるの?」と聞いてみるのもいいでしょう。

ここで紹介した9パターンは、あくまでも仮病かどうかを見極めるための一時的な対応です。病気を装うのは子どもなりの理由があるはずなので、その根本のところを理解して、子どもとしっかり向き合ってあげましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock