言葉の端々から「おばさんくささ」がにじみ出ているママ友の特徴9パターン


日常的に顔を合わせる間柄だからこそ、ママ友には少しでも素敵な自分を見せておきたいもの。それなのにちょっとした振る舞いのせいで、「この人、おばさんっぽい」と認定されてしまうとしたら、心外でしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「言葉の端々から『おばさんくささ』がにじみ出ているママ友の特徴」をご紹介します。

  • 【1】店員さんに「ねえ、お兄さん」などとなれなれしい口をきく

    「『少し安くしてよ』とかお店の人にタメ口で話すママ友とは、同類だと思われたくない」(20代女性)というように、誰にでも友だち言葉を使うことで、おばさんっぽい図々しさを感じさせてしまう場合があるでしょう。気さくな人柄を自負していても、初対面の人には丁寧語を使ったほうがよさそうです。

  • 【2】少し歩いただけで「あー、疲れた」と文句をたれる

    「注文したばかりなのに、『料理遅くない?』とか、せっかちすぎる…」(30代女性)というように、ちょっとしたことでいちいち不満をこぼすようでは、我慢が足りずにうるさい人だと思われてしまうでしょう。愚痴っぽいトークを快く思わない人もいるので、ネガティブなことばかり口にしていないか気を付けたほうがよさそうです。

  • 【3】年下のママたちを「今どきの人」呼ばわりして軽く扱う

    「ハイヒールでベビーカーを押しているだけで、『うわ、時代が違うね』と騒ぐ」(30代女性)というように、若いママの行動に過剰反応して、やたら線引きするのも不自然でしょう。何かにつけて「昔はね…」と古き良き時代を振り返りたがるのも、年齢を感じさせてしまいそうです。

  • 【4】「どうせお金目当てでしょ」などと思い込みが激しい

    「タレントの年の差婚が話題になったとき、『若さに目がくらんだのね』とか言いたい放題で…」(30代女性)というように、とにかく自分の思いだけで物事を決めつけるような言い方にも注意したほうがよさそうです。意見や考えを持つことは大切ですが、一歩引いた視点も忘れないようにしましょう。

  • 【5】頼まれてもいないのに「私の出番?」と世話を焼きたがる

    「店頭で見知らぬ人に『これがおいしいわよ!』と強引に勧める姿にドン引き」(20代女性)というように、いわゆる「おせっかい」も典型的なおばさん行為の一例でしょう。人を助けてあげようという心意気は素晴らしいものの、ただの押しつけにならないよう、程度をわきまえたほうがよさそうです。

  • 【6】大笑いしたあとに「あーあ」と余韻を残す

    「笑い話が盛り上がると『そうそう』と手を叩いたり、人をパチパチ叩いたりする」(30代女性)というように、笑いに伴う言葉や態度には、おばさんくささが漂いがちなものです。TPOをわきまえず、いつでもどこでも大音量で話したり笑ったりしていないかも、普段から気を付けたほうがいいでしょう。

  • 【7】「ちょっとぐらいいいじゃない」と他人の所有物を分けてもらいたがる

    「『ねえ、味見させて』とすぐ人の料理に箸をつける」(40代女性)というように、誰の物でもすぐに欲しがるのは、おばさん特有の厚かましさを思わせかねません。特定のママ友仲間では「分けあうこと」が当たり前だとしても、他の人には通用しないこともあると心にとめておきましょう。

  • 【8】立ち上がるときに「どっこいしょ」と言わずにいられない

    「座るときにいつも『よいしょー』と言うママ、超美人なのに残念…」(20代女性)というように、力を入れたり抜いたりするタイミングでつい出てしまう言葉に、年寄りっぽさを感じる人もいるようです。お風呂や温泉で「ふー、極楽!」とつぶやくのも、年齢を感じさせてしまうでしょう。

  • 【9】二言目には「トシかしら…」と何でも老いのせいにする

    「『若いころは物忘れなんてなかったのに…』と30代前半のママが発言するのは違和感がある」(30代女性)というように、ネタとして笑いを誘うならまだしも、自分が若くない前提で話をするのも考えものです。同年代や年上のママ友に不快感を与えている可能性も考えて、慎重に発言しましょう。

たとえ「おばさんくささ」がにじみ出ていても、その人自身のキャラクターや状況によっては、周囲を和ませたり楽しい雰囲気にしてくれることもあります。人に迷惑さえかけなければ、さほど神経質になりすぎなくてもいいでしょう。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock