梅雨トラブルを恋のチャンスに変える好感度アクション9パターン


ジメジメと雨が続く梅雨は、なんだか気分までどんよりしてしまうもの。そんな憂鬱な季節だからこそ、好感度の高い行動をとることで、気になる男性社員の心を動かせるのではないでしょうか。そこで今回は『スゴレン』読者へのアンケートをもとに、「梅雨トラブルを恋のチャンスに変える好感度アクション」を探ってみました。

  • 【1】「髪、爆発してますよ」と手ぐしで直してあげる

    「かなり接近されてドキドキした」(20代男性)というように、女性から髪に触られると、ときめいてしまう男性もいるようです。梅雨の時期でなくても、「寝ぐせついてるよ!」と明るく直してあげると、気になる彼から意識されるようになるかもしれません。

  • 【2】「あれ、傘ないんですか?」とスペアの傘を差し出す

    「物理的にも助かるし、用意がいいなあと印象もアップ!」(20代男性)というように、雨の日に傘を貸してあげる行為は、何より喜ばれるようです。「家にまだあるから、あげます」とビニール傘を渡せば、相手に「返さなきゃ」というプレッシャーも与えずにすむでしょう。

  • 【3】「わー、濡れてます!」と、外出から戻った人にタオルを差し出す

    「タオルやハンカチを渡されると、女の子っぽいなあと思っちゃいます」(30代男性)など、濡れた人を気遣う姿にグッとくる男性もいました。きちんとアイロンがけされたハンカチや手触りのいいタオルなら、さらに女子力の高さが際立つでしょう。

  • 【4】「まさに、水もしたたるいい男ですね」と相手への好意を伝える

    「そんなふうに言われると、お世辞でも嬉しくなる」(20代男性)のように、梅雨の憂鬱な気持ちをトークで払拭するパターンです。さりげなく好意をアピールすることで、相手から「同僚」ではなく「恋愛対象」として見られるようになるかもしれません。

  • 【5】「はい、これで防水できますよ」と外出前に靴にスプレーを吹きかける

    「濡れるとマズイな、と思いつつ何もしていないので、フォローしてくれるとありがたい!」(20代男性)と、男性の革靴をケアしてあげるのも素敵女子への近道のようです。「ついでにカバンや折りたたみ傘も防水しましょう」と申し出て、気遣い上手をアピールしましょう。

  • 【6】「出前リスト、置いておきますね」と外出せずに食事ができるよう気を回す

    「外に出たくない気持ちを汲み取ってくれたことに感動!」(20代男性)というように、相手の気持ちを先読みした行動に好感を抱く男性もいるようです。自分が出前を頼むときに、「○○さんもどうですか?」とメニューを渡すと、一緒にランチを食べる良いきっかけになるかもしれません。

  • 【7】「濡れないようにしておきます」と書類の入った紙袋などにビニールをかぶせる

    「持って行く書類にまで気が回るなんて、いいお嫁さんになりそうだなと思った」(20代男性)のように、外回りへのさりげない手助けにキュンとする男性もいるでしょう。雨の日にお店でもらった紙袋用のビニールを、いくつかストックしておくと重宝しそうです。

  • 【8】「午後には、雨やむみたいですよ」と嬉しい天気予報を伝える

    「毎日憂鬱だから、晴れると聞くとテンションが上がる」(30代男性)というように、梅雨の晴れ間の情報を教えてあげるだけでも好印象を与えられるようです。こまめに天気予報をチェックして、「来週、梅雨明けみたいですよ」など笑顔で最新情報を伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「濡れたまま着ていると、シワになっちゃいますよ」とハンガーを差し出す

    「自分では気づかないから、指摘されてハッとした」(20代男性)というように、女性らしい気配りで男性の「戦闘服」を整えてあげるのもいいでしょう。「せっかく素敵なスーツなんですから」とセンスを褒めるような言葉を添えると、さらに気分を良くしてあげられそうです。

梅雨時のトラブルを恋のチャンスに変えるアクションには、ほかにどんなものがあるでしょう。皆さんの意見やエピソードをお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock