後輩を注意したあと「先輩!」と感激させるフォロー9パターン


せっかく後輩を注意するからには、納得して前向きに次の行動に出てもらいたいもの。では、注意されたことで落ち込む後輩のモチベーションを上げるにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「後輩を注意したあと『先輩!』と感激させるフォロー」をご紹介します。

  • 【1】みんなのいる前でさらっと褒める

    「叱られたときは周りの視線が気になってしまう。だからこそ、『この子はいつも頑張ってるから』と言われると嬉しい」(20代女性)というように、あえて周囲に分かるように褒めて、後輩に自信を取り戻させる人もいるようです。ミスを挽回した後は「よくやった!」と声をかけ、「認められた」という充実感を与えてあげましょう。

  • 【2】さりげなくいつもよりちょっと豪華なランチをおごる

    「何も言わなくても、励まそうとしてくれている気持ちが伝わった」(20代女性)と、食事で後輩を労ってあげるのもいいかもしれません。ランチ中はあえて仕事と全く関係のない話題を選び、後輩をリラックスさせてあげましょう。

  • 【3】仕事帰りに「一杯付き合ってよ」と声をかける

    「見放されたらどうしようと不安になっているので、誘われたら安心するし、器の大きさを感じる」(20代女性)と、注意が原因でギクシャクしないよう、お互いの関係をケアしてもいいでしょう。ただし、飲みながらお説教を再開してしまうと台無しなので、飲み過ぎには注意しましょう。

  • 【4】過去に自分がしたミスの話をして後輩の気持ちを軽くする

    「気を使ってくれているのが伝わって、改めて『この人について行きたい』と思った」(20代女性)という意見もあるように、失敗談を打ち明けて後輩と同じ目線に立ってみるのもいいでしょう。「誰でも失敗はするから」とフォローすれば、注意された後輩も後味の悪い思いをせずに済みそうです。

  • 【5】「あなたの頑張りは、ちゃんと見てるから」と言葉をかける

    「その言葉でぐっと気が引き締まるし、頑張ろうと思える」(20代女性)というように、後輩に「見守っているから安心してね」と伝えるのもいいでしょう。残業時には「頑張ってるね」と声をかけるなど、普段のさりげない気づかいがあると、言葉に信憑性が生まれそうです。

  • 【6】「期待しているから叱るんだよ」とひと言添える

    「『何で自分だけ…?』と思っていたから、ちょっと感激して泣きそうになった」(20代女性)という意見からもわかるように、一人を特に強く叱った場合には、このひと言でフォローするといいでしょう。ちょっとキツく言いすぎてしまったときのフォローにも使えそうです。

  • 【7】「参考になれば」と、仕事に関する本や資料を貸す

    「『ダメ』と叱るだけじゃなく、アドバイスもくれる先輩は信用できる」(20代女性)など、具体的な改善策を提示することで、後輩の成長を促すことができるかもしれません。本の感想などを話し合えば、さらに理解が深まりそうです。

  • 【8】「まだまだ挽回できるよ!」と前向きに励ます

    「自分の失敗の大きさに焦っていたとき、気持ちを切り替えて取り組むことができました」(20代女性)と、前向きな言葉で気持ちのリセットを手助けしてあげるのもひとつの手です。励ますだけでなく作業に手を貸し、後輩に達成感を味わわせてあげてもいいでしょう。

  • 【9】ひと言「元気だせ」とメールを送る

    「注意された直後にこんなメールがきて、がぜんやる気になったことがある」(20代女性)と、さりげないメールが後輩の胸に響いたというエピソードです。とはいえ、長文の激励メールを送りつけると、ややくどくなってしまうので、簡潔なひと言くらいがちょうどいいでしょう。

ほかにも「後輩を注意したあと『先輩!』と感激させるフォロー」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)
Photo:All images by iStock