ずっと苦手だったお局様をちょっと好きになった奇跡の瞬間9パターン


働いていると、何かと口うるさくて面倒な職場のお局様にイライラすることも…。しかし、「できれば一緒に働きたくない」と思うほど苦手だったお局様のことを、ふとしたきっかけで「意外にいい人?」と見直すケースもあるようです。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「ずっと苦手だったお局様をちょっと好きになった奇跡の瞬間」をご紹介します。

  • 【1】失敗をしたとき何も言わずにフォローしてくれた

    「さらりとトラブルを解決して『大丈夫よ』と言われたときは、泣きそうになった」(20代女性)など、困ったときに助けてもらったことでお局様の頼もしさに気づく女性も多いようです。そういうタイミングで心からの感謝の気持ちを伝えれば、お局様との距離もグッと近づくのではないでしょうか。

  • 【2】体の不調に真っ先に気づいて早退を勧めてくれた

    「ちゃんと見てくれているんだなとびっくりしました」(20代女性)と、一緒に働く人間のコンディションを気づかう優しい一面を見て、お局様を見直したという意見もあります。口うるさいチェックもきめ細かい心配りの延長にあると思えば、そこまで腹も立たなくなりそうです。

  • 【3】上司の理不尽な怒りに対して代わりに言い返してくれた

    「私じゃ言えないことをはっきりと上司に言ってくれて、持つべきものはお局様だと実感」(20代女性)など、年長者ならではの強さで守ってもらった経験から、お局様を慕うパターンです。お局様が正論を言っていることに気づけば、普段のお小言も素直に聞く気になりそうです。

  • 【4】他の人の前で自分の仕事を褒めてくれた

    「いつも怒られているから、自分の仕事が褒めてもらえてうれしかった」(20代女性)など、ストレートに評価されて初めて愛情に気づいたという声もありました。「褒められてすごく励みになりました!」などと伝え、仕事に励むと、いつも厳しいお局様も「この子は褒めて伸ばしたほうがいいのかも」と考えを改めてくれるかもしれません。

  • 【5】退社する人へ贈る言葉を、涙ながらにスピーチした

    「他人のために泣けるなんて、実は優しい人なのかなと思った」(20代女性)というように、意外に人情派な一面を見て好感を持ったという人もいます。苦手だからと避けるのではなく、逆に一緒に行動してみると、お局様の良さを発見する機会も増えるのではないでしょうか。

  • 【6】飲み会で酔ってしまったときに介抱してくれた

    「『なんでこんなになるまで飲むの』と怒りながらも、家まで連れて帰ってくれて感謝」(20代女性)と、自分がピンチのときに発揮されたお局様の母性にグッとくることもあるようです。迷惑をかけてしまったお詫びにちょっとしたプレゼントなどを渡せば、「礼儀正しい子だな」と好感度が上がるかもしれません。

  • 【7】「彼氏が欲しい」とボヤいていたら、知り合いを紹介してくれた

    「おせっかいだと思ってたけど、このときばかりは感謝しました」(20代女性)というように、お局様の持ち前の世話焼きな性分が、いい方向に働くこともあるようです。休憩時間にお互いの好きな男性のタイプを話したりして、親交を深めてもいいのではないでしょうか。

  • 【8】誕生日を覚えていて、残業を代わってくれた

    「『誕生日でしょ、帰りなさいよ』と言われたけど、驚きすぎて聞き返しちゃった」(20代女性)など、想定外のうれしいプレゼントをきっかけに、お局様を好きになる人もいるようです。誕生日を祝ってもらえるのは誰でもうれしいもの。お返しに、お局様の誕生日にもサプライズプレゼントをすれば、好感度アップが狙えそうです。

  • 【9】ヘアスタイルを変えたとき、一番に気づいてくれた

    「髪の色を変えただけなのに、『いいわね』と言われて女心をくすぐられました(笑)」(20代女性)というように、ちょっとした変化に気づいてもらえたうれしさで、お局様を見る目が変わってしまう人もいるようです。こういうことに関しては、逆もまた然り。お局様がヘアスタイルを変えたときに声をかければ、距離が縮まるのではないでしょうか。

ほかにも「ずっと苦手だったお局様をちょっと好きになった奇跡の瞬間」のエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)
Photo:All images by iStock