男を「ダメ男」に育ててしまう女性の行動9パターン


世の中には「ダメ男」と呼ばれる男性とばかり付き合ってしまう女性がいます。しかし、最初から難ありの男性を選んでいるのではなく、女性が彼氏を「ダメ男」に育ててしまうこともあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「男を『ダメ男』に育ててしまう女性の行動」をご紹介します。

  • 【1】どんなひどいことをされても「いいよ」と許してしまう

    「怒るときは怒らなきゃ。反省させないからつけあがるんだよ」(20代女性)など、嫌われるのが怖いからといって何でも許すと、どんどん悪い部分が増長するようです。同じ間違いをされないためにも、反省してもらうべき場面ではしっかり怒りましょう。

  • 【2】身の回りの世話を焼き、尽くしすぎてしまう

    「何でもしてもらって当たり前と思っちゃうんじゃない?」(20代女性)など、女性が世話を焼きすぎると、自分では何もできない男になってしまうようです。男性が感謝の気持ちを述べなくなったら、少し尽くしすぎたと思って、加減したほうがいいでしょう。

  • 【3】彼氏に頼られる前に手を差し伸べて助けてしまう

    「いつも自分から助けてたら、図に乗られても仕方ない」(20代女性)など、頼られる前に手を差し伸べていると、男性は「助けてくれて当然」と感じるようになるようです。気を回しすぎるのは控えて、あなたの存在価値を知らしめましょう。

  • 【4】それなりの金額でもお金を貸してしまう

    「お金を貸すと男だって卑屈になるし、楽だから依存しちゃう」(20代女性)など、たとえ彼氏が困っていても、まとまった金額のお金を簡単に貸すのはやめたほうがいいかもしれません。彼氏が自分でお金の工面をできるよう、一緒に考えてあげてはいかがでしょうか。

  • 【5】「ただそばにいてくれるだけでいい」とすべて男性に合わせてしまう

    「愛が深いのかもしれないけど、それじゃ自分が大変」(20代女性)など、「すべてを受け入れる」というのが理想的ではありますが、女性だけがそれを実践するのは得策ではないかもしれません。楽しく一緒にいるには、双方の譲歩が必要。自分ばかりが譲る状況に疲れる前に、少しは意見を言いましょう。

  • 【6】彼のほうが悪くてもすぐに「ごめんね」と謝ってしまう

    「何でケンカしないの? ケンカしてわかることもある」(20代女性)など、衝突を恐れていると、ケンカをして分かり合うチャンスを逃してしまいそうです。言い争う必要はありませんが、意見が違うときは納得するまでしっかり話しあいましょう。

  • 【7】不満があっても言わず、聞き分けのいい女になってしまう

    「ちゃんと言わなきゃ相手が楽するだけ」(20代女性)など、聞き分けのいい女を演じていると、不満はたまり、相手は調子に乗るというバランスの悪い状態に陥りそうです。不満をいつか爆発させてしまう前に吐き出し、問題が深刻化しないようにしましょう。

  • 【8】付き合う前に肉体関係を持ってしまう

    「だから彼氏かどうか分かんない男といるハメになるの!」(20代女性)など、交際のステップをきちんと踏まないと、宙ぶらりんな状態に悩むことになりそうです。本気の男性ほど、好意を確認する前に肉体関係を持つのはやめましょう。

  • 【9】ダメ出しは決してせず、なんでも褒めてしまう

    「自分の実力がわかんない男になると思う」(20代女性)など、良かれと思って褒めてばかりいると、結果的に男性の成長を阻害することにもなりかねません。苦言ばかり呈するのも考えものですが、本音を隠してまで褒める必要もないでしょう。

ほかにも「こんな行動が『ダメ男』を育てる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock