お局様に「育て甲斐がある!」と見込まれる、職場での振る舞い9パターン


職場を牛耳るお局様とうまくやっていくのは、OLに課せられた使命といっても過言ではありません。そんな厄介なお局様との仕事を円滑に進めるためのコツの一つは、「育て甲斐のある子」と、見込まれることではないでしょうか。そこで今回は、後輩を持つ『スゴエル』読者へのアンケートから「お局様に『育て甲斐がある!』と見込まれる、職場での振る舞い」をご紹介します。快適なオフィスライフを送る参考にしてください。

  • 【1】どんなに怒られても、へこたれない

    「泣くなんて、社会人として論外! もっと根性のある子じゃないと」(30代女性)というように、怒られた後の反応は、お局様ウケの重要なポイントといえそうです。まったく期待していない後輩には、先輩もわざわざ怒ったりはしないはず。メソメソせず、叱咤をバネに「お局様を見返す」くらいの気持ちで挑むと「ガッツのある子」と見込まれそうです。

  • 【2】お局様からの助言は、しっかりメモする

    「こちらの話をきちんと聞く気がある証拠!」(30代女性)というように、メモをとるのはわかりやすく仕事への意欲をアピールしたい時に有効なパフォーマンスではないでしょうか。「アドバイス通りにしたらうまくいきました!」など、感謝の気持ちや成果を伝えれば、さらにかわいがってもらえそうです。

  • 【3】一度した失敗を決して繰り返さない

    「同じところでつまずかないのは、ちゃんと成長している証」(40代女性)というように、失敗を糧にステップアップしていることが伝われば、お局様の御眼鏡にかないそうです。逆に、同じ失敗を何度も繰り返すと、「成長しない子」というレッテルを貼られてしまう可能性も。ミスの原因を把握して、繰り返さない対策を講じましょう。

  • 【4】指示されなくても、自分から仕事を探す

    「仕事への熱意を感じる」(40代女性)というように、仕事への前向きな姿勢が評価されるパターンです。また、終業時間になったら当然のように帰るのではなく、「私にお手伝いできることはありますか?」とひとこと声かけをすると、周りからの評判を高められそうです。

  • 【5】業務に役立ちそうな資格の勉強をしている

    「勉強熱心な子には、こちらもいろいろと教えてあげたくなる」(30代女性)というように、資格の勉強に精を出すと、先輩から一目置かれる存在になれそうです。日常業務の参考になる本や、仕事術に関するビジネス書などをデスクの上に常備し、わからないことがあったら自分で調べるよう心がけるといいでしょう。

  • 【6】面倒くさい仕事を自ら買って出る

    「イベントの幹事なんかがサラッとこなせる子は、先輩ウケがいい!」(30代女性)というように、お局様に気に入られたければ、少々厄介な仕事も精力的にこなす必要がありそうです。また、作業の効率化を提案するなど、自発的に動くことで「デキる子!」と認めてもらえるのではないでしょうか。

  • 【7】繁忙期はランチタイムを削ってでも仕事を優先する

    「仕事優先で頑張っている子は、特別扱いしちゃうかも」(30代女性)というように、休憩を犠牲にしてストイックに仕事に打ち込む姿は、お局様の心にも響くようです。ランチ明け早々に仕事の進捗を報告するなど、昼休み返上で仕事にあたったことをさりげなくアピールしてみてもいいでしょう。

  • 【8】定時の30分前には出社して、仕事の整理をする

    「仕事がデキる子は、朝の時間も無駄にしない」(40代女性)というように、始業前の行動も、お局様からチェックされていると思ったほうがよさそうです。定時より早く出勤してメールチェックをしたり、最低限お局様よりも早く出勤することで、信頼度は次第にアップするでしょう。

  • 【9】残業を命じられても、嫌な顔一つしない

    「若いのに、仕事への心構えができている子だなと感心しちゃう」(30代女性)というように、快く残業を引き受けるだけで、自分の株が上がるかもしれません。また、引き受けた残業をさっさと片づけることで、「やっぱりこの子に頼んでよかった」と確信してもらえるでしょう。

ほかにも、お局様に「育て甲斐がある!」と見込まれる職場での振る舞いについて、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)
Photo:All images by iStock