専業ママをイラッとさせる「働くママの地雷発言」9パターン


自分では悪意のないセリフが、相手の逆鱗に触れてしまうことって、意外と多いもの。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、働くママがうっかり口にして専業ママを怒らせてしまいがちな「専業ママをイラッとさせる『働くママの地雷発言』」の例をご紹介します。

  • 【1】「毎日が休みでいいよね」と、専業ママは暇そうに見えることをほのめかす

    「『時間がいっぱいあってうらやましい』って、毎日ぼんやり暮らしてるわけじゃないのに!」(20代女性)というように、深い意味のない言葉が好意的に受け止めてもらえるとは限りません。相手が時間を持て余しているかどうかにかかわらず「余裕がありそう」と決めつけるのはやめましょう。

  • 【2】「専業主婦って憧れだよ!」と、うらやましがる

    「こっちの大変さも知らないで、『私もあなたみたいになりたい』って簡単に言わないでほしい」(30代女性)など、相手のうわべだけ見ているようなセリフは、専業ママにはお見通しです。「仕事を辞めて、家事も育児もきちんとできるようになりたい」など具体的に言うほうがいいでしょう。

  • 【3】「朝も夜も大変で…」と、働くママならではの多忙ぶりをアピールする

    「『私は時間がないから…』が口癖のママ友に、『専業主婦だって忙しいよ!』と言ってやりたい」(30代女性)というように、働くママならではのバタバタぶりを強調することで、「それに比べて私は暇だとでも?」と専業ママの気持ちを逆なでしてしまうことがあるようです。「忙しい」という言葉を、やたらに使わないようにしましょう。

  • 【4】「家事に集中できるでしょ」と、専業主婦は家のことしかしないかのように言う

    「いつも家にいるんだから当然って感じで『キッチンやトイレもピカピカなんでしょ?』とか言われると、すごくイヤ」(20代女性)など、専業主婦は家事だけするものと決めてかかったような言葉は、相手を不快にさせます。「家事は休みがないから大変よね」などの言葉でフォローしましょう。

  • 【5】「ママ友ランチってよく行くの?」と、遊んで暮らせるみたいな言い方をする

    「『平日にママ友と遊べるなんて優雅ね』って言うけど、そんなのしょっちゅうあるわけじゃないし」(30代女性)というように、専業ママに遊べる時間が多いとは限りません。また、ママ友ランチも「お付き合いで仕方なく」ということもあるので、むやみにうらやむのはやめたほうが無難でしょう。

  • 【6】「洋服代がかからなくてうらやましい」と、仕事している自分との違いを強調する

    「『家にいるとトレーナーとかTシャツですむからいいよね』って、そりゃ働いてる人ほどお金も気も使わないけど…」(20代女性)など、働くママとの違いをことさらに言われると、気を悪くする人もいます。専業ママと話すときは、「子育て」や「お弁当作りの工夫」など、同じ立場になれる話題を心がけましょう。

  • 【7】「家にずっといて、何してるの?」と、無邪気に知りたがる

    「『毎日、することないでしょ?』って、きちんと家事や育児をやってる主婦に暇なんかありません!」(30代女性)など、働くママの「家で何やってるの?」という質問は、無礼だと受け止められる恐れがあります。専業ママにとっては「家が仕事場」だということを忘れないようにしましょう。

  • 【8】「働かないのは、旦那さんの稼ぎがいいから?」と、家庭の事情に踏み込む

    「『お金に余裕があるってことよね?』とか、専業主婦になったわけがそんなに知りたいの?」(30代女性)というように、家の内情を探るようなセリフは敬遠されがちです。専業主婦でいる理由は人それぞれ、働きたくても働けない人もいるので、事情を詮索するような言葉は控えましょう。

  • 【9】「仕事は大変だけど、これが私の生き方だから」と、やたら力説する

    「会社のことになると話が止まらないうえ、『でもやりがいがあるのよ』って偉そうに言われると引く」(20代女性)というように、仕事にかける情熱を熱く語ったところで、専業ママにはうんざりされてしまうかもれません。「詳しく教えて」と聞かれない限り、あまり多くを語らないほうが無難でしょう。

専業ママと話すときに働くママが気を付けなければいけないセリフは、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock