先輩に「イラッとするなぁ」と思われる、ミスを注意された新入社員の呆れた態度9パターン


仕事を頼んだ後輩が、うっかりミス。注意をしたら、まさかの逆ギレをされてしまった…。そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。失敗やミスは誰にでもあるものですが、肝心なのは、その後の対応です。そこで今回は、『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「先輩に『イラッとするなぁ』と思われる、ミスを注意された新入社員の呆れた態度」をご紹介します。

  • 【1】「だって」や「でも」を繰り返し、口答えする

    「言い訳は自分の首を絞めるだけ」(30代女性)というように、保身のための言い訳は先輩の機嫌を悪化させるだけのようです。叱られたら、まずは心からの謝罪をするのが無難な対応でしょう。「次からは気をつけます」「今から挽回します」など、意欲的な一言を付け加えると、さらにいいのではないでしょうか。

  • 【2】「私が悪いって言うんですか!」と逆ギレする

    「ちょっと注意したら、あからさまに不機嫌に…ありえない!」(40代女性)というように、叱られたことでふてくされてしまう「困ったちゃん」もいるようです。注意されるということは、期待されている証でもあるはず。厳しい叱責も感謝の気持ちで受け止めましょう。

  • 【3】「はーい」と語尾を伸ばして返事をする

    「お灸を据えたつもりなのに、効いていないのかなと思う」(20代女性)というように、返事の仕方一つで先輩の怒りを増長させてしまうこともあるようです。失敗やミスが発覚した時は、「申し訳ない」という気持ちが伝わるよう、いつも以上にハキハキとした口調を心がけてはいかがでしょうか。

  • 【4】「全部私が悪いんです…」と人前で号泣する

    「まるで私が泣かせたみたいで気まずかった」(30代女性)というように、後輩が感情的になって泣き出すと、先輩の顔を潰してしまいかねません。どうしても涙をこらえきれない場合は、お手洗いなど、ひと目につかないところでこっそりと泣き、周りに心配をかけないようにしましょう。

  • 【5】「先輩が怖い」と言って他人に甘える

    「ほかで恥をかかないように善意で注意してあげたのに、私を悪者にするなんて!」(30代女性)というように、他人に助けを求めると、せっかく注意してくれた先輩の怒りを買ってしまいそうです。また、うっかり男性社員に甘えると、職場の女性社員全員の心証を悪くしかねないので、十分注意しましょう。

  • 【6】「私のことが嫌いなんですか…?」と論点をすり替える

    「なんでそういうことになるのか理解不能!」(20代女性)というように、仕事で注意されただけなのに、「嫌われている」と、ありえない方程式で話のテーマを脳内変換してしまう新入社員もいるようです。後輩のためを思って注意している先輩におかしな被害妄想を抱くのはやめて、お叱りの言葉を真摯に受け止めるよう努めましょう。

  • 【7】「わかりました」と言いつつ、メモを取らない

    「こういう子は、毎回同じところで同じミスをするんだよね」(30代女性)というように、ただ話を聞いているだけでは、「今後も直す気がない」と思われても仕方がないかもしれません。注意を受ける時は必ずノートを持参し、一度したミスは二度としないという気持ちで仕事に挑むと、デキる後輩だと見直してもらえるのではないでしょうか。

  • 【8】「この仕事、なんで私に頼んだんですか?」と責任転嫁する

    「『私のせいだって言いたいの?』と叫びそうになった」(30代女性)というように、「この仕事を私に任せたあなたが悪い」とでもいうかのような発言をすると、どんな先輩も怒りを爆発させそうです。「せっかく任せていただいたのにすみません」と謝罪しつつ、名誉挽回のために必死で働くのが常識的な振る舞いではないでしょうか。

  • 【9】「○○先輩には、これでいいって言われましたけど」と他人を巻きこむ

    「あくまでミスを認めようとしない態度が腹立たしい」(40代女性)というように、他人のせいにして、失敗の言い逃れをしようとする人もいるようです。ただし、人によって指示にバラつきがある場合もあるので、作業手順などに不安があるのならば、直属の先輩に指示をあおぐようにしましょう。

ほかにも、「先輩に『イラッとするなぁ』と思われる、ミスを注意された新入社員の呆れた態度」について、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)
Photo:All images by iStock