「もしかしてひけらかしてる?」とママ友をイラッとさせるわが子の微妙な話題9パターン


「もう、うちの子ったらねー」。ママ友仲間やPTAでのおしゃべりの中、何気なく切り出した話題に、なぜかみんなの表情が険しくなってしまった…なんてことはありませんか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「え!? こんなことも自慢って思われちゃうの?」といったママ友の反感を買いやすい子どもの話題をご紹介します。

  • 【1】「お誕生会続きだとしんどいよねー」と、交友関係の話題

    「『お誘いはうれしいけど、お持たせに悩んじゃう』って、人気者自慢?」(30代女性)というように、お呼ばれ関係の話題は、声を掛けられていない人との間に微妙な空気を招きかねません。純粋に手土産の相談をするなら、子育てを卒業した先輩ママにしてみましょう。

  • 【2】「今年の担任、よくかわいがってくれて」と先生に目を掛けてもらっている話題

    「『先生のおかげで国語が伸びて』って嬉しそうに話すママ。それって贔屓じゃないの?」(30代女性)というように、感謝を口にしただけなのに、あらぬ誤解を受けることもあるようです。また、すべてのママがその先生に満足しているとは限らないので、まずは「今度の担任、どう?」と、相手の感想を引き出したほうが無難でしょう。

  • 【3】「バレンタインのお返しが大変で…」と、モテエピソードの話題

    「『ホワイトデーの出費がヤバい』と言いながら、どや顔なんですけど」(20代女性)というように、バレンタインのチョコは、男の子ママにとって勲章のようなものかもしれません。とはいえ、もらっていない子のママの気持ちも考えて、たとえ相手が話題を振ってきたとしても「うちの子教えてくれなくて」と、上手にかわす技を磨きましょう。

  • 【4】「スポ少ってレギュラーになると親も出番が多くて…」と習い事のランクの話題

    「『一軍入りするとお当番も大変!』って、自慢にしか聞こえません」(20代女性)というように、習い事の実力差も、デリケートなテーマのようです。ほかにも空手の段位、ピアノの教則本の進度、バレエの配役などの話題は、レベルが同じぐらいのお子さんのママとしたほうが、心情も情報も共有できそうです。

  • 【5】「こんな賞をいただいちゃって」と、夏休みの課題やポスターコンテストなどの話題

    「そんなに親しくないママからギャラリーに誘われたと思ったら、お子さんのポスターの入選作が」(30代女性)というように、わが子の栄誉を誰かに話したいのは親心かもしれません。とはいえ、相手も喜んでくれるとは限らないので、SNSなどで心許せる仲間に祝福してもらってはどうでしょう。

  • 【6】「リレーのアンカーに選ばれちゃって」と、運動会の選抜競技での話題

    「『バトン落とさないかヒヤヒヤするわ』って、本当に心配してる? 足の速さをアピールしたいだけ?」(40代女性)というように、大役に抜擢されるのは確かに誇らしいことでしょう。しかし自分からは口にしないほうが、ママ友たちの神経を逆なでしないですみそうです。

  • 【7】「お勉強できなくて…」謙遜し過ぎも逆に反感を買ってしまう学力の話題

    「できる子なのに『うちなんか全然!』と否定ばかりするママ。ある意味、嫌味かも」(30代女性)というように、明らかに秀でているのに卑下するのもNGな態度のようです。いっそ「これで顔がよかったらね!」と明るく肯定しつつ笑いに変えてしまったほうがよさそうです。

  • 【8】「ポイント基準甘くない?」という受験生ママ内での内申書の話題

    「『うちの中学、推薦もらうのチョロいよね』っていうママ。なんかモヤッとする…」(40代女性)というように、他意なく漏らした本音のせいで、わが子の出来の良さをひけらかしていると思われることもありそうです。自分の子が基準だと思わないほうがいいでしょう。

  • 【9】「うちの子、安物だと着てくれないの」と、ニュアンスが難しいファッションの話題

    「『量販店の服は嫌がるのよね』と嘆くママ。うちの子全部あそこで揃えてますが、何か!?」(20代女性)というように、楽しいはずのオシャレの話題も、よその子が着ている可能性のある服を下げるような言い方をしてしまうと反感を買いそうです。同じことでも「あんな顔して、生意気でしょ?」と、言い換えたほうが共感を呼びそうです。

個人的なことでも気楽に話せるのは、親しい間柄だからこそ。ママ友とのおしゃべりで神経質になることはありませんが、相手の立場を考えるデリカシーは必要なようです。(さとういつき)
Photo:All images by iStock