別れたあとも男性が根に持っている「彼女の捨て台詞」9パターン


別れ話のときに思わず出た一言のせいで、彼氏にずっと恨まれているとしたら…。ちょっとゾッとしませんか? 別れ上手な女性になるには、男性の地雷がどこに埋まっているか知っておいたほうが良いのかも。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「別れたあとも男性が根に持っている『彼女の捨て台詞』」を紹介します。

  • 【1】こっちの気持ちを全否定する「優しさだけじゃ、ムリ」

    「優しさだけが取り柄だから尽くしたのに…」(20代男性)というように、精いっぱいの努力を却下された男性は、悔しさを引きずるようです。「優しさは響いたよ。でも…」などと、欠点を指摘する前に、美点を認める一言を忘れないことが別れ際のマナーと言えるかもしれません。

  • 【2】モテ女風にほざく「あなたはしょせんつなぎよ」

    「『男なら他にもたくさんいるから』って、何様?」(10代男性)というように、上から目線でバカにした言い方は、男性のプライドをひどく傷つけるようです。たとえ別れ話で言い合いになったとしても、挑発的な言葉は避けて、後々まで恨みを残さないように注意しましょう。

  • 【3】ため息まじりの投げやりな一言「もう疲れた…」

    「『疲れた』って何が!? それだけじゃ意味わかんない!」(20代男性)というように、説明不足のまま話を打ち切られると、男性は悶々とするようです。嫌いになった気持ちをうまく伝えられないなら、「口下手でゴメン」と一言謝罪を入れると、「一方的だ」と恨まれないですむかもしれません。

  • 【4】経験の少なさを指摘する「もっと遊んだほうがいいよ」

    「『マジメか!』ってツッコまれたも同然(涙)」(10代男性)というように、「面白味がない」と断定された男性は、辱めを受けた気分になるようです。さらに「○○したほうがいい」といったお説教めいた台詞まで言うのは、傷口に塩を塗るようなものなので控えましょう。

  • 【5】ポジティブにまとめられてムカついた「きっと、私よりふさわしい人がいるよ」

    「『すぐに彼女できるよ!』なんて、何を根拠に?」(30代男性)というように、中途半端な励ましをそらぞらしく感じる男性もいるようです。気まずい空気の中で無理に明るくふるまうより、黙って相手の意見に耳を傾けてあげたほうが、彼の気持ちもすっきりするでしょう。

  • 【6】無神経すぎて呆れた「明日、○○君とデートなんだ!」

    「勝手な奴だったけど、別れたばかりでソレ言う!?」(10代男性)というように、他の男性に乗り換えたことをあっけらかんと暴露されると、怒りが倍増するようです。余計な一言を言うより「今までありがとう」と感謝の言葉を伝えて、「いい女だったな」という印象を残しましょう。

  • 【7】譲り合う気がまったくない「あなたとは価値観が合わない」

    「自分のワガママを正当化されてもね」(30代男性)というように、相手に合わせる気がないことを理屈っぽく主張されると、男性は怒りを募らせるようです。「価値観の相違」があったなら喧嘩も多かったでしょうが、最後ぐらいは「いい思い出だよ」などと、すべてを水に流す一言が欲しいものです。

  • 【8】別れたあとも気をもたせる「出会ったのが2、3年後だったら、結婚してたかも」

    「『相性は良かったね』なんて言われたら、よりを戻せるかと思って時間を無駄にした」(20代男性)というように、ヘタに期待させる言葉は残酷かもしれません。はっきり「続けられない理由」を告げ、彼氏を次に進めるようにしてあげたほうが親切でしょう。

  • 【9】自分のすべてにダメ出しされた「あなたは何もかもオール1よ」

    「教員の彼女から言われて、しばらく立ち直れなかった」(30代男性)というように、無能よばわりする一言は強烈なダメージを与えそうです。とはいえ、当事者以外には笑えるフレーズなら、時が経てば彼氏も「若い頃のネタ」として活用してくれるかもしれません。

不愉快な別れ話をスムーズに進め、しこりを残さないようにするためには、相手に対する思いやりが必要でしょう。しかし、寄せられた意見を見てみると、中途半端に優しい言葉に傷ついている男性もいるようです。そのあたりのさじ加減がうまくできるようになったら、一歩大人の女性に近づけるかもしれません。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock