男性が「アラフォーになってから変わった」と感じる好きな女子のタイプ9パターン


好きな異性の好みは時とともに変化するもの。特に年齢を重ねるにしたがって変わることが多いようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「アラフォーになって変化した、好きな女子のタイプ」をご紹介します。

  • 【1】外見重視から内面重視に変わった

    「いろいろ付き合ううちに顔重視の間違いに気付いた(苦笑)」(40代男性)など、加齢とともに外見以外のファクターの大切さに気づくアラフォー男子もいるようです。人を見る目の肥えたアラフォー男子を落としすなら、見た目よりも内面を磨きましょう。

  • 【2】派手目の美人より地味目の子が好きになった

    「地味目の子の『自分だけがわかる長所』を探すのが楽しい」(40代男性)と、恋にも余裕の出てきたアラフォー男子は、「美人」など誰にでもわかる長所にはあまり魅力を感じないようです。「○○の知識は誰にも負けない」など、マニアックなポイントでスペシャル感をアピールしましょう。

  • 【3】専業主婦タイプより共働きできるタイプに魅力を感じるようになった

    「自分も仕事が好きだから、共感してくれる人がいい」(40代男性)など、仕事熱心なアラフォー男子は、同志のように互いを高めあえる「働く女子」を求めるようです。仕事への熱意を語ると「いいな」と思われるかもしれません。

  • 【4】話を聞いてくれる子より話の面白い子がよくなった

    「昔は自分の話を聞いてほしかったけど、最近は聞き役も楽しめる」(40代男性)など、落ち着いた大人のアラフォー男子は、自分の話よりも相手の話に興味があるようです。「中身のない子」と思われないよう、話す内容を工夫する必要があるかもしれません。

  • 【5】刺激のある子より安心できる子を選ぶようになった

    「結局長続きするのは一緒にいてホッとできる子」(40代男性)など、恋愛経験豊富なアラフォー男子は、短期的に楽しい「刺激的な女子」より、長く付き合える「安心感のある女子」を選ぶ様子。ノリのよさよりも、沈黙が苦にならないような温かい雰囲気を大切にしましょう。

  • 【6】小悪魔タイプより堅実な子のよさがわかるようになった

    「小悪魔系の子は、実態がわかると冷めることも多い(苦笑)」(40代男性)など、恋愛の酸いも甘いも噛み分けたアラフォー男子は、過去の経験から本当に自分に合う女子を知っているようです。謎めいた態度で相手を振り回すより、誠実に自分のことを話したほうが好感を持たれるでしょう。

  • 【7】恋愛観よりも結婚観の合う相手を探すようになった

    「若い頃より結婚願望が強くなった」(40代男性)など、年齢的にも結婚を意識するアラフォー男子は、「恋をする相手」よりも「一緒に家庭を作れる相手」を探しているようです。結婚の意思が全くないなら、アラフォー男子は避けたほうが無難かもしれません。

  • 【8】追いかけないといけない子より尽くしてくれる子がよくなった

    「恋の不安定さを楽しめない年齢になったのかも」(40代男性)など、少々恋にお疲れ気味のアラフォー男子は、翻弄される恋愛に嫌気が差しているようです。駆け引きよりもストレートに好かれる努力をしたほうが相手に響くでしょう。

  • 【9】ミステリアスなタイプより家庭的なタイプが好きになった

    「『知りたい』より『理解したい』気持ちのほうが大きい」(40代男性)など、じっくり交際したいアラフォー男子は、地に足の着いた家庭的な女子と深くわかり合いたいと考えるようです。手料理を囲みながらお互いについて語り合うデートなどが喜ばれるかもしれません。

ほかにも「アラフォー男子はこんな女子に惹かれる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock