「身近なもの」が主人公の不思議なストーリー絵本9パターン


生き方の手本となるような良作絵本の読み聞かせもいいですが、たまには、お子さんの感性を刺激する、変わりダネ絵本を手にしてみるのはいかがでしょうか。そこで今回は、「『身近なもの』が主人公の不思議なストーリー絵本」というテーマで、独自アンケートを実施。先輩ママたちのオススメ作品を教えていただきました。

  • 【1】みんなに心配されたきゅうりが最後…『きゅうりさんあぶないよ』(福音館書店:スズキコージ作)

    動物たちが丸腰で歩くきゅうりさんを心配して、身を守るためのものを渡していくというシュールな作品です。「むしろ、きゅうりさんの見た目があぶない」(30代女性)というように、物語後半のヘンテコリンな変身ぶりを見れば、親子で笑顔になること間違いないでしょう。

  • 【2】「ゆび」はみんなのお友達『ゆびくん』(岩崎書店:五味太郎作・絵)

    日常のいろんな動きや遊びを描くことで、「ゆび」をまるで親友のように表現した作品です。「息子が愛おしそうに、手を見て『ゆびくん』と話すようになりました」(40代女性)というように、作品を通じて、自分のカラダに対する愛情と関心が強まるかもしれません。

  • 【3】とんでもないひげのお話『にげだしたひげ』(福武書店:シビル・ウェッタシンハ作・絵 のぐちただし訳)

    「切られるのがいやになったひげが逃げ出して、村中の人を巻きこんでしまい…」というお話です。「はちゃめちゃなんだけど、最後はあっけらかんとしている」(30代女性)というように、ひげが巻き起こす騒動を楽しんでしまう村人の大らかさに触れるうちに、ほのぼのとした気持ちになってしまいそうです。

  • 【4】みんなどこへ飛んでいく『かぶさんとんだ』(福音館書店:五味太郎作)

    「あかかぶ」「しろかぶ」「てるてる坊主」など、いろんなものがお空に飛んでいくというナンセンス絵本です。「ストーリーを理解する作品じゃないので、小さい子どもも楽しめる」(20代女性)というように、難しく考えず親子でニコニコしながら読むことができるでしょう。

  • 【5】ぴこからはじまる壮大なお話『これはのみのぴこ』(サンリード:谷川俊太郎作 和田誠絵)

    小さな「のみ」からどんどん話が広がっていく言葉遊び絵本です。「長文を早口で読み上げると、息子から尊敬の眼差しを向けられる(笑)」(20代女性)というように、リズムと抑揚をつけて読み聞かせると、子どもの食いつきが違ってくるかもしれません。

  • 【6】落し物でつながるストーリー『おっと おとしもの』(絵本館:五味太郎作)

    子どもが落としたおもちゃを探すところから、ストーリーが展開していく作品です。「ページをさかのぼると、探し物が落ちていたりする」(20代女性)というように、読み進めるだけではなく、読みかえしながら落し物を探すという楽しみ方もあるでしょう。

  • 【7】食べるとみんな変身する『キャベツくん』(文研出版:長新太作・絵)

    キャベツくんを食べると、みんな体の一部がキャベツになってしまうという作品です。「ブタヤマさんにハマって『ブキャ』が口癖に!」(20代女性)という人もいるように、登場キャラクターになりきってしまうのもおもしろそうです。

  • 【8】意外とみんなに愛されている『みみずのオッサン』(童心社:長新太作)

    みみずのオッサンが街を汚染する有害物質を食べて、土に還していくというお話です。「地球環境についても考えさせられる」(30代女性)というように内容的には深いので、お子さんが小中学生になってから読みかえすと、また別の感想を抱くかもしれません。

  • 【9】一つのバナナが引き起こした事件『バナナじけん』(BL出版:高畠那生作)

    車から落ちた一本のバナナが、いろんな動物を巻きこみ事件を引き起こします。「『どうすると思う?』と、問いかけが効果的に入るのがいい」(30代女性)というように、登場キャラが引き起こす次の展開を予想させながら読んであげると、盛り上がるでしょう。

ほかにも、オススメの「『身近なもの』が主人公の不思議なストーリー絵本」があればぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)