嫁の一挙手一投足にケチをつける姑のお小言のかわし方9パターン


結婚した途端に、「○○家の嫁として…」と姑から厳しくチェックされ、戸惑っている妻もいるのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「嫁の一挙手一投足にケチをつける姑のお小言のかわし方9パターン」を紹介します。

  • 【1】「えっ、そんなことまで!」と、細かすぎる姑をチクリと刺す

    「『このそうめん、賞味期限が昨日じゃない!』とねちっこく指摘する姑を『よく気がつきますね!』と皮肉でけん制」(20代女性)というように、褒め言葉のなかに「そこまでしないで!」とのメッセージを込める返しかたです。ただし、反発心を悟られないよう、「さすがですね!」と表面はあくまでも和やかに装いましょう。

  • 【2】「何も分からないので教えてください」と、とりあえず殊勝な態度を見せる

    「子供の服装が厚いの薄いので大騒ぎ。面倒なので好きなようにさせておく」(20代女性)などと、完全に主導権を姑に引き渡して小言をこぼす余地をなくす対応です。多少のことには目をつぶり、「お義母さん、お願いします」とサラリと言えたら上級者かもしれません。

  • 【3】「『お姑さんと仲良さそうでうらやましいわ』って言われるんですよ」と鈍感なふりをする

    「箸の上げ下げにまでケチをつける姑に『うちっていい嫁姑関係ですよね』と言ったら、態度が変わった」(20代女性)というように、まず自分から素直に姑を受け入れるアプローチです。世間は意外と、よその家庭の嫁姑関係を噂しているものだと気づかせて、姑の攻撃を鈍らせる効果も期待できそうです。

  • 【4】「お義母さんはどうしてこられたんですか?」と質問で返す

    「『お義母さんのお姑さんはどんな方でしたか?』と聞いたら、苦労話が出てくる出てくる…」(20代女性)などと話題をそらし、客観的に姑である自分の態度をかえりみてもらう方法です。適当に聞き流さず、要所要所で相槌を打ちながら耳を傾ければ、口うるさい姑が心を許してくれることもあるでしょう。

  • 【5】「そうですね。今度から気をつけます」と軽く受け流す

    「『おしゃれに金を使うな、貧乏くさい格好をするな』という姑の矛盾した要求は、ひたすらスルー」(20代女性)と、相手をするのも面倒なことは「わかりました」と殊勝な態度で受け止めておきましょう。下手に返事をするよりも、ただうなずいて話を聞くだけで、姑は満足してくれるかもしれません。

  • 【6】「お義母さんのころはご苦労されたんでしょうね…」と、時代の変化に気づいてもらう

    「栗きんとんを作れと言われたが、『スーパーでもいい品物が買えますよ』と主張した」(30代女性)というように、ときには自分のやり方のほうが合理的であると説明するのもいいでしょう。「昔は選択肢が限られていたと思うのですが」と相手を思いやる姿勢で話をすると、受け入れてもらえそうです。

  • 【7】「○○さんの言うとおりにしたのですが…」と、やんわり夫のせいにする

    「夫の出張中、『留守宅を守るのが妻の役目』と言う姑に、『○○さん(夫)に実家に帰るよう勧められたんですが…』と反論」(30代女性)というように、夫を立てる妻の体裁をとりつつ、姑の勢いを封じる作戦です。「かわいい息子の言うことならば…」と、怒りを鎮めることができるかもしれません。

  • 【8】「私に言われても困ります…」と小さくつぶやく

    「『後継ぎはまだ?』発言には、『二人で話し合ってますから』と繰り返す」(30代女性)というように、夫婦の問題に踏み込まれる場合には、自分を追及しても無駄だと思わせるのもいいでしょう。姑の干渉が辛いようなら、夫に対応を一任するものひとつの手です。

  • 【9】「すみません、私って本当に不器用なんで…」と、控えめに開き直る

    「できないキャラで行くほうが絶対楽だと気付いた」(20代女性)というように、あえてダメな嫁を演じてハードルを下げるやり方です。よく見られたいと無理をしたり、姑と張り合っては、むしろ逆効果になる恐れもあります。何もできないけれど素直に頼ってくる嫁として、かわいがってもらいましょう。

ほかにも「姑のお小言を上手にかわす方法」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(深山玲)
Photo:All images by iStock