社内恋愛中の同僚カップルに「おいおい…」と物申したくなる瞬間9パターン


一日の大半をすごす職場で、密かに社内恋愛をしているという人も少なくないはず。けれど、度を超えた仲良しカップルは周りのイライラの元になることも…。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「社内恋愛中の同僚カップルに『おいおい…』と物申したくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】彼女が怒られているとき、彼が何かとかばう

    「『仕事とプライベートは別だろ!』と声を大にして言いたい!」(20代女性)という意見からも分かるように、公私混同カップルにイラッとする人も多いようです。会社では一定の距離を保ち、プライベートの関係を仕事に持ち込まないように注意しましょう。

  • 【2】お昼休みにデートのように2人だけでランチに行く

    「いつも2人でランチに行っちゃうので、こちらから誘えない」(20代女性)というように、2人の世界に浸られると、同僚としての最低限のコミュニケーションもとれないと考える人もいます。会社はたくさんの人と関わるところです。同僚とのランチと、せめて半々くらいの割合にしてはいかがでしょうか。

  • 【3】仕事中に「今週はどこに行こうか」などプライベートな話をする

    「学生じゃないんだから、場所を考えずに話したいことを話すのはどうかと思う」(20代女性)など、仕事と関係がない話を職場ですることに対して、いい印象を持たない人もいます。プライベートな話は他の人がいるところでは控えるなど、職場では配慮が必要でしょう。

  • 【4】彼氏が彼女の同僚の男性に嫉妬する

    「彼氏のほうが仕事仲間に嫉妬して空気がピリピリ。勘弁してほしい」(20代女性)というように、同僚にヤキモチを焼いて、周りに影響が出ることを嫌がる声もあります。たとえ心の中では嫉妬していたとしても、仕事場では顔や行動に出さないのが大人のマナーといえるのではないでしょうか。

  • 【5】社内電話を使って、私用のおしゃべりをし続ける

    「そもそも社会人としてありえない。プライベートなことは携帯を使うべきでしょ!」(20代女性)というように、職権濫用ともいえる行為を不快に思う人もいるようです。この場合、同僚だけでなく上司にも悪い印象を与える可能性があるので、注意しましょう。

  • 【6】彼が風邪をひいて休むと、彼女も仕事を休んで看病する

    「2人同時に休むことで、仕事もストップ。本当にやめてほしい」(20代女性)という声もあるように、同じ職場である以上、同時に休むことをよしとしない人もいます。相手も大人なので、一日中付き添う必要はないはず。看病をする場合も、半日休暇程度にしてはいかがでしょうか。

  • 【7】人目もはばからず手をつないで出社する

    「会社でもずっと一緒なのに、朝から…となると見ててイタイ」(20代女性)など、目に余る行為を不快に思う人もいます。社外とはいえ、出勤時はいつどこで社内の人に見られるか分かりません。オフィス周辺での過剰なスキンシップは控えたほうがいいでしょう。

  • 【8】部署外秘のことをぺらぺらと相手に喋る

    「部署外秘のことを話すなんて、仕事とプライベートの線引きがなってない!」(20代女性)と、何でもかんでも相手に話してしまうカップルを不愉快に思う意見もあるようです。信用問題に関わるので、話して良いことと悪いことの分別をつけましょう。

  • 【9】2人のケンカが原因で業務に支障が出る

    「話もしないし、電話にも出ない。仕事とは関係ないのに…」(20代女性)というように、「2人の関係性に振り回されてうんざりする」という声もあります。「ケンカは仕事に持ち込まない」などのルールを決めておけば、仕事にも影響が出ず、すぐに仲直りができて一石二鳥ではないでしょうか。

ほかにも「社内恋愛中の同僚カップルに『おいおい…』と物申したくなる瞬間」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)
Photo:All images by iStock