なんとなく付き合った彼氏が「大好きな彼」に変わった理由9パターン


男性から強くアプローチされ、女性がなんとなくOKして付き合い始めたカップルは珍しくありません。当初は冷めた気持ちでも、付き合っていくうちに彼氏が大好きになるケースは意外と多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「なんとなく付き合った彼氏が『大好きな彼』に変わった理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「君だけを愛してる」と何度も言われて、安心感が生まれた

    「彼の気持ちが本物だとわかって、ちゃんと向き合いたくなった」(20代女性)など、彼氏の一途な気持ちが伝わることで、次第に愛が育まれるケースは多いようです。一方が全力の愛情を注ぐことから、本当の恋愛は生まれるのかもしれません。

  • 【2】風邪を引いたとき、親身になって看病してくれたことに感動した

    「家族以外でこんなに心配してくれる人がいるなんて」(20代女性)など、手厚い看病をしてもらったことで、彼氏を見る目が変わったという意見も。病気で弱っていたからこそ、そばにいて力になってくれる人のありがたみを実感できたのでしょう。

  • 【3】何度もデートを繰り返しているうちに、そばにいることが自然になった

    「気がついたら離れるのが寂しくなってた」(10代女性)など、カップルとしてデートを重ねていくうちに、いつの間にか離れがたい存在になっていることも多いようです。恋人同士にとって、何気ない時間を共に積み重ねることは実に大切といえるでしょう。

  • 【4】彼氏の「恋人にしか見せない一面」を沢山知って、特別感が芽生えた

    「彼のことを深く理解できているのが嬉しくなった」(20代女性)など、相手の素顔が見えてくるに従って、彼氏が特別な存在になったという人も。自然体で付き合うほど、お互いの「相手にだけ見せる顔」は増えていき、ますます関係は深まっていきそうです。

  • 【5】いつも自分を大切にしてくれる優しさに気がついて、心を許せるようになった

    「本気で私を守ってくれる人だってわかった」(30代女性)など、常に「彼女を第一」に考えてくれる彼氏の献身に、深い愛情を感じるようになるケースもあるようです。上辺だけの感情とは違う心からの誠実さは、女性の気持ちをつかむようです。

  • 【6】悪いところをキチンと叱ってくれたとき、信用できる人だと思った

    「この人は信じていいと思った」(20代女性)など、自分を厳しく叱ってくれる彼氏に信頼感を覚える女性もいるようです。シリアスな悩みごとや相談を本音で語り合えるようになったとき、そのカップルは成長するのかもしれません。

  • 【7】頭脳明晰で頼り甲斐があるなど、彼氏の長所がよく見えるようになった

    「顔は好みじゃなかったけど、立派な男性だった」(20代女性)など、そばにいて長い時間を過ごすことで、彼氏の真の魅力に気がつくケースも多いようです。知性や教養、行動力など、外見だけではわからないカッコよさが見えてくれば、もはや彼氏の虜でしょう。

  • 【8】彼氏が実はシャイな性格だと気がついて可愛くなった

    「ぶっきらぼうで冷めた人かと思ってたら、超恥ずかしがり屋だった」(10代女性)など、感情表現が不器用な彼氏がたまらなく「可愛い」と感じるようになった女性もいるようです。ぎこちない愛情だからこそ、一歩一歩気持ちが通じ合うことに感動がありそうです。

  • 【9】しばらく付き合ってみたら、嫌なところが全然なかった

    「なんの不満も出てこなかった」(20代女性)など、お試し感覚で付き合ってみたところ、何の問題もなく彼氏が大好きになったという意見も。実際に付き合ってみないと相性はわからないもの。失敗を恐れず行動したことで、素敵な恋愛を発掘できたといえそうです。

彼氏から一途な愛情がしっかり伝わってくれば、「なんとなく」だった恋人も特別な存在へと変わっていくようです。恋に慎重になりすぎるより、まずは身近な相手のことを深く知ろうとすることで、素敵な恋人が見つかるチャンスは広がるのかもしれません。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock