気づいてほしい!「恋愛対象外」だとやんわり伝える行動9パターン


自分に好意を抱いてくれる相手には全身全霊で応えたいところですが、ときには相手に「期待をもたせない」振る舞いをしなければならないときもあります。では、好きでいてくれる女性に交際する気がない場合、男性はどのような態度を示すのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「『恋愛対象外』だということを、男性がやんわり伝えようとしている行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】自分からは話しかけないようにする

    「関係を深めないように注意する」(20代男性)など、積極的に話しかけることで、女性から「私のこと好きかも」と誤解されたくないようです。ただし、女性の気持ちを知って照れているだけの男性もいるので、何度か話しかけて反応を見てもいいかもしれません。

  • 【2】「好きな人ができた」と嘘の相談を持ちかける

    「すんなり諦めてくれそう」(20代男性)など、「ほかに心を寄せる人がいるから、俺のことは好きにならないで」ということを、嘘であれ本当であれ恋愛相談を持ちかけることで伝えたいようです。「○○の恋愛がうまくいくといいね!」など彼の幸せを応援すると「なんて心がきれいな人だ」と好印象に映るでしょう。

  • 【3】セクハラ発言やボディタッチを増やして嫌われるようにする

    「ドン引きしてくれたほうが気が楽」(30代男性)など、わざと嫌われたくて女性が持つイメージをことごとく裏切る作戦をとる男性もいます。あまりにも酷い下ネタ発言をしてくる場合は、恋愛関係以前に友人としての関係も見直したほうがよいかもしれません。

  • 【4】仕事の話以外は素っ気無い返事をする

    「目も合わさないようにする」(10代男性)など、とにかく必要以上に女性と話をしないようにするケースです。ずっと追いかけている男性に、急にそっけない態度をしてみると「もう俺のこと好きじゃないのかな」と気にし始める可能性は高いでしょう。

  • 【5】ほかの女性を褒める

    「わざと違うタイプの女性をべた褒めする」(20代男性)など、別の女性への興味を過剰にアピールして自分に気がある女性に「可能性ゼロ」を示す発言のようです。「そもそも私みたいなのは全然ダメだね」など心底残念がると、その寂しそうな姿を見て「助けてあげなくちゃ」と保護欲が生まれる男性は多いでしょう。

  • 【6】2人でゴハンなどに行かないようにする

    「とにかく二人きりの時間はもたない」(20代男性)など、気のない女性とは「デート」のように思われる行為は絶対にしないという男性もいます。両思いへの道のりが長そうな相手とは、友達や同僚を交えた食事会などから始めるほうが得策でしょう。

  • 【7】「仕事で忙しい」ととにかく時間がないふりをする

    「とにかく会わないようにする」(30代男性)など、「女性のための時間」を作らないことであきらめてほしいと願う男性は多いようです。何度誘ってもダメだからといって「いつになったら会えるの?」などと攻め寄ると嫌われてしまう恐れがあるので注意したいところです。

  • 【8】メールの返信を遅くする、または返信が来ないように一言しか返さない

    「乗り気ではないことをアピール」(20代男性)というように、連絡のやりとりを極力さけて女性に希望を持たせないようにするパターンです。あまり返事をくれない男性へメールをするときは、単にメールが苦手だというケースもあるので「返信しなくてもいいからね」など相手への気遣いを見せてはいかがでしょう。

  • 【9】「ずっといい友達でいてくれよ」と友情モードをアピールする

    「恋愛相手としては見ていないことが分かるはず」(20代男性)など、「友達」を強調することで恋愛に発展させないためのガードを張るようです。「友達なら別れることはないもんね」などずっと一緒にいたい「大切な存在」だと伝えると、愛情の深さに胸キュンする男性もいるかもしれません。

「期待させない」という一見冷たい男性の態度は、相手を思いやるがゆえの行動でもあるようです。失恋は次の恋愛への始まりと捉えて、前向きに受け止めることも重要かもしれません。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock