「彼女に会いたいなあ」と、仕事中の男性が彼女を恋しく想う瞬間9パターン


仕事に夢中になっている男性は、彼女のことなど忘れているように見えますが、ときには恋しくなることがあるようです。それはいったいどんなシーンなのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートから、「『彼女に会いたいなあ』と、仕事中の男性が彼女を恋しく想う瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】上司にこっぴどく怒られて、すっかり落ち込んでしまったとき

    「彼女だったら遠慮なくグチを言える」(20代男性)と、職場の同僚には落ち込んでいる姿を見せたくないと考える男性の多くは、つい彼女に頼りたくなるようです。彼の気持ちが沈んでいる様子のときは、「どうしたの?」と優しく聞いてあげるなど、甘えられる彼女であるよう心がけてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】仕事がうまくいって成果をあげることができたとき

    「一番喜んでくれるのは彼女」(30代男性)など、自分の喜びは、彼女こそ最も共感してくれるだろうと考え、いち早く伝えたくなる男性は多いようです。彼から成功話を聞くときは、「私も嬉しい!」と、とびきりの笑顔を見せると、彼と同じ気持ちを共有していることをアピールできるでしょう。

  • 【3】オフィスを出て、お昼ごはんを一人で食べているとき

    「寂しくなってしまうから」(30代男性)のように、一人の食事をわびしく感じ、彼女に側にいてほしくなるようです。職場が近いなど、可能であれば彼の休憩時間に合わせて、たまにはランチに誘ってみるのもいいかもしれません。

  • 【4】先輩社員から彼女のことをからかわれたとき

    「からかわれると逆に嬉しい」(20代男性)など、他人に彼女の話題をふられると、男性は改めて彼女の存在を嬉しく感じてしまうようです。職場で自分の話題をしてもらえるよう、彼に指輪などを身につけさせておくといいかもしれません。

  • 【5】遅い時間まで残業して、会社で一人疲れきっているとき

    「彼女の声を聞けば元気がでそう」(30代男性)など、一人で残業していると辛い気持ちが倍増し、彼女に甘えたくなってしまう男性も多いようです。彼が残業していると知っているならば、邪魔しない程度に「頑張ってね!」などのメールを送ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】忙しい日が続いている中で、ポッと予定が空いたとき

    「時間ができると彼女を思いだす」(20代男性)のように、仕事が一段落すると、彼女が恋しくなるという男性もいるようです。彼が忙しくてなかなか会えない日が続くときは、メールなどで「落ち着いたら一緒に●●しようね」などと伝えておくといいかもしれません。

  • 【7】同僚と意見があわず、口論になってむしゃくしゃしているとき

    「彼女はいつでも味方になってくれるから」(20代男性)と、男性は職場で自分の意見が通らなかった場合、せめて彼女は理解してくれると考えるようです。彼が仕事のことでイライラしているようであれば、「あなたは正しいよ!」などと言って励ましてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】結婚している同僚社員が愛妻弁当を食べているのを見たとき

    「自分も作ってほしい!」(30代男性)など、同僚がパートナーにご飯を作ってもらっているのを見ると、羨ましく感じて彼女のことを思い出す男性もいるようです。たまには簡単でもいいのでお弁当を作ってあげれば、彼からの愛情もより深くなりそうです。

  • 【9】大事な会議やプレゼンの直前で緊張しているとき

    「彼女の存在が一番気持ちを和らげてくれる」(20代男性)のように、男性は失敗できない大事な場面でこそ、彼女に癒しのパワーを求めたくなるようです。自分が普段使っているボールペンなどを彼に渡しておくと、緊張をときほぐす一助になるかもしれません。

一心不乱に働く男性は、疲れたり緊張が高まったとき、ホッとしたときなどに、彼女の存在を意識してしまうことがあるようです。普段から、彼の仕事の話に耳を傾けてあげるなど、彼をサポートする方法を一度考えてみてはいかがでしょうか。(佐藤来未/Office Ti+)
Photo:All images by iStock