先輩にミスを押しつけられてしまったときの大人な対処法9パターン


仕事で他人からミスを押しつけられてしまった経験のある人は、意外と多いようです。そんなときは、一体どんな対応をするのがスマートなのでしょうか。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「先輩にミスを押しつけられてしまったときの大人な対処法」を探ってみました。

  • 【1】「私は○○担当だったんですよ」と客観的事実のみを主張する

    「泣き寝入りは悔しいので、違うとわかってもらうために頑張ります」(20代女性)というように、自分のせいではないと申し立てる人もいました。ただし、「○○さんのミスです」などと先輩を非難するのではなく、あくまで「自分とは関係ない」という事実のみを伝えるようにしましょう。

  • 【2】「確かに、私も悪かったのかも」と当の先輩に言ってみる

    「本人は自分のせいだとわかっているはずなので、ちょっと揺さぶりをかけてみます」(20代女性)と、折をみて当人にミスの話を持ちかけてもいいでしょう。「私がチェックしなかったから」などと自分を責めてみせると、さすがの先輩も良心が痛み、「違うの、あれは私が…」と謝ってくれるかもしれません。

  • 【3】あえて何も言わずに、甘んじて叱責を受け入れる

    「反論してひどい目にあうよりはまし」(20代女性)など、グッと我慢して嵐が過ぎ去るのを待つ人もいるようです。そのときは理不尽に思えても、見ている人は見ているもの。そうした我慢が、長期的に見れば高評価につながることもあるのではないでしょうか。

  • 【4】ミスを挽回するため、業務に集中する

    「騒いでも仕方がないので、目の前の仕事を完璧にやりとげることで正当な評価を待ちます」(30代女性)のように、あえて主張せずに仕事にいそしむという意見もありました。日々の業務をミスなくこなすことで、「あの時のミスも彼女のせいじゃないのかも」と周囲から思ってもらえる日がくるかもしれません。

  • 【5】仲のいい同僚だけには、真実を話しておく

    「あまりにもムカついたので、わかってもらえそうな人には本当のことを言っちゃった」(20代女性)というように、信頼できる人にだけ状況を打ち明ける、という意見も寄せられました。上司との関係が良好な場合は、「実は…」と、事のてんまつを話してみてもいいかもしれません。

  • 【6】先輩に「間違っていたらごめんなさい、でも…」とメールで事実確認をする

    「じっくり文面を考えられるし、相手からのレスも証拠として残せるので」(20代女性)と、ミスした当人とメールでやりとりをするのも一つの手です。相手を責めるニュアンスにならないよう注意し、あくまでも事実確認だと強調するといいでしょう。

  • 【7】「すみません、次から最後まで責任をもってやります」と先輩もいる前で宣言する

    「わざとその先輩に聞こえるように、『責任感』を強調しつつ謝ります」(20代女性)と、「自分のミスだ」とみんなの前で認めることで、ミスをした本人に後ろめたさを感じさせる作戦もあります。真犯人の先輩に居心地の悪い思いをさせることで、再び他人にミスを押しつけることのないよう、けん制する効果もあるかもしれません。

  • 【8】「あれ、先輩の担当でしたよね? もー、ランチおごりですよ」と明るくたしなめる

    「直接チクリと言って、何らかの埋め合わせをしてもらいます」(20代女性)というように、やりようによっては当人同士で話をつけることもできるようです。もし仲のいい先輩なら、上司に報告しておおごとにするよりも良好な関係が保てるのではないでしょうか。

  • 【9】「でも、それって先輩が…」と天然なふりで指摘してしまう

    「『あれ、確か先輩がやっていたはずじゃ』と、うっかり言っちゃった感じで指摘します」(20代女性)のように、無邪気に責任の所在を暴露してしまう方法もあるようです。さほど深刻なミスでないなら、こうした素直なアクションが無難かもしれません。

先輩のミスを押しつけられてしまったとき、ほかにどんな大人な対処法があるでしょうか。皆さんのご意見やエピソードをお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock