「ただの女友達」に恋してしまいそうになる瞬間9パターン


今まで恋愛対象として意識していなかった女友達に、突然心を揺さぶられドキドキが止まらなくなった経験のある男性は少なくないようです。世の男性は、どんなときに「今までなんとも思っていなかった女友達」にときめきを感じてしまうのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者に聞いたアンケート調査を参考に、「『ただの女友達』に恋してしまいそうになる瞬間」を紹介します。

  • 【1】いつもスッピンなのにばっちりお化粧をしていたとき

    「見違えるようで思わずハッとしました」(20代男性)というように、スッピンを見慣れている女友達の「メイクした顔」にドキッとしてしまうパターンです。気になる相手に「メイクするとずいぶん変わるんだね」と褒められたら、「あなたの前ではいつもお化粧しようかな」などと好意をほのめかしてもいいかもしれません。

  • 【2】いつも元気な女友達が珍しく落ち込んでいるとき

    「なんだか守ってやらなきゃと思わされる」(20代男性)というように、普段は気丈なキャラの女友達が弱っている姿を見て、庇護欲を掻き立てられるケースです。好きな男性との関係が「同性同士」のノリになっていることを感じたら、たまには素直に弱みを見せると、いい刺激になるでしょう。

  • 【3】飲み会の2軒目などに「○○くんが行くなら私も行こう!」と言ってくっついてきたとき

    「俺がいないとダメってことじゃん…と動揺しますね(笑)」(20代男性)など、相手が自分を必要としていることを感じ取ると、異性として意識してしまう場合があるようです。「あなたが一緒じゃないとつまらないもん…」とかわいらしくダメ押しして、駆け引きを楽しみたいところです。

  • 【4】周りの友達から「お似合いだね」と言われたとき

    「みんなからカップル扱いされ始めると、やっぱり彼女候補として意識してしまう」(10代男性)など、周囲の声で突然その気になってしまう男性は多いようです。誰かにからかわれたときは、照れ隠しでも「絶対ありえない!」などと否定するのではなく、まんざらでもなさそうな態度で相手の出方を待ちましょう。

  • 【5】誰に対しても優しいところを垣間見たとき

    「この人と一緒にいたら幸せになれそうだと思いました」(30代男性)など、いつもそばにいる女友達の「性格の良さ」を実感して、異性として好意を持ち始めることもあるようです。電車でお年寄りに席を譲る、店員さんには丁寧に接するなど、誰にでも分け隔てなく接するように心がけたいものです。

  • 【6】何気なく2ショットの写真を撮ったとき

    「2ショットを撮るときって、カップルみたいでドキドキします」(20代男性)というように、「2人きりで画面に収まる」という行為に特別な意味を感じてしまう男性もいるようです。写真を撮る口実は何でもいいので、とりあえず勢いで「一枚どう?」と巻き込んでしまうといいでしょう。

  • 【7】ほかの男性と楽しそうに話していたのをみたとき

    「俺以外にもあの笑顔みせるんだ…とショックを受けてる自分に気づいた」(20代男性)というように、自分が嫉妬心を抱いていることに驚き、初めて女友達に対する気持ちを自覚するパターンです。気になる男性との関係がいまいち進展しないときには、ほかの異性の存在をちらつかせて揺さぶりをかけたいところです。

  • 【8】突然、夢の中に出てきたとき

    「起きたとき、すでに好きになってた(笑)」(30代男性)というように、突然夢に現れた女友達の存在を急に意識してしまうケースです。相手の夢に確実に登場する方法はありませんが、寝る間際にLINEでやりとりするなど、潜在意識に働きかけておいても損はないでしょう。

  • 【9】仕事や将来についてなど、恋愛以外の深い話ができるようになったとき

    「誰にもしたことがない話まで打ち明けられる相手って特別かも…と思えてしまう」(20代男性)など、強い信頼関係が生まれていたことに気づいて、ただの友達以上の存在になっていることを実感するパターンです。気になる男性には、「○○くんになら何でも話せる」などと、折に触れてアピールしてもよいかもしれません。

友人関係が長ければ長いほど、恋愛関係に発展させるハードルは上がってしまうものです。しかし、自分の長所をアピールしやすい環境にあることは確かなので、そのアドバンテージを上手に生かすといいでしょう。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock