「ただの女友達」に恋してしまいそうになる瞬間9パターン


今まで恋愛対象として意識していなかった女友達に、突然心を揺さぶられドキドキが止まらなくなった経験をしたことがある男性は少なくないようです。ではどのようなときに男性は女友達にときめくのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に、「『ただの女友達』に恋してしまいそうになる瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】いつもスッピンなのにばっちりお化粧をしていたとき

    「正直、見惚れた」(20代男性)など、今までは気づかなかった「女性らしい」部分に胸をわしづかみにされる男性は多いようです。気になる相手にメイク姿を褒められたら「○○の前ではいつもお化粧しようかな」など好意をほのめかすと、男性に異性として意識させることができるかもしれません。

  • 【2】いつも元気な女友達が珍しく落ち込んでいるとき

    「なんだか守ってやらなきゃと思わされる」(20代男性)というように、女性の弱々しい姿に男性は保護欲をかきたてられるようです。たまには「今日は体調が良くないからノリが悪くてごめんね」など素直に弱みを見せるのも男性の心を引きつけるのに必要かもしれません。

  • 【3】飲み会の二軒目などに「○○くんが行くなら私も行こう!」と言ってくっついてきたとき

    「俺がいないとダメってことじゃん(笑)」(20代男性)など、女性にとって自分の存在が必要だと感じると、男性は女性を守ってあげないと、と思うようです。さらに「○○くんがいないとつまらない」など男性の自尊心をくすぐってあげると、より使命感をもって守ってくれるでしょう。

  • 【4】周りの友達から「お似合いだね」と言われたとき

    「彼女候補として意識してしまう」(10代男性)など、周囲の声で突然その気になってしまう男性は多いようです。友人から言われた際、照れ隠しでも「絶対ありえない!」などと否定してしまうと、アプローチする前に諦めてしまうかもしれないので注意したいところです。

  • 【5】誰に対しても優しい性格の良さを垣間見たとき

    「一緒にいたら幸せになれそう」(30代男性)など、男性は、女性の分け隔てない優しさを知ると、急に異性として好感を抱くようです。電車でお年寄りに席を譲る、お店の店員さんに丁寧に接するなど、友だちだけでなく赤の他人にも心遣いを忘れないようにしたいところです。

  • 【6】何気なく2ショットの写真を撮ったとき

    「カップルみたいでドキドキした」(20代男性)など、恋人として違和感がないことに、写真を見て気づく男性もいるようです。好きな男性相手ならば「この写真欲しい!」など嬉しさをアピールすると、彼女候補として前向きに考え始めてくれるかもしれません。

  • 【7】ほかの男性と楽しそうに話していたのを見たとき

    「俺以外にもあの笑顔みせるんだ…」(20代男性)というように、自分の中に嫉妬が芽生えていることに驚き、初めて女性に対する気持ちに気づくパターンです。気になる男友達には「○○くんから聞いたんだけど」などほかの男性の話題を出して反応を見るのも得策でしょう。

  • 【8】突然、夢の中に出てきたとき

    「起きたとき、すでに好きになってた(笑)」(30代男性)など、突然夢に現れた女性を「実は好きなのかな」とドキドキしてしまうケースです。逆に「昨日夢に○○くんが出てきたよ」と言ってみると、男性が「もしかして俺のこと…?」と意識し始めるかもしれません。

  • 【9】仕事や将来についてなど、恋愛以外の深い話ができるようになったとき

    「誰にもしたことがない話まですんなりしてた」(20代男性)など、強い信頼関係が生まれていたことに気づくと、女友達を特別な存在だと意識するようです。好意ある男性ならば「○○くんになら何でも話せる」など特別感をアピールしてもよいかもしれません

友人関係が長ければ長いほど、恋愛関係に発展させるハードルは上がりがちです。しかし、恋心を抱くには決して大げさな理由は必要ないようです。友だちでも、いつ恋人に変わるかわからないという気持ちで、つねに思いやりをもって接することが大切かもしれません。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock