聞き取れなかった電話の相手の名前をうまく確認する方法8パターン


電話中に周囲が騒がしかったり、相手の声が小さかったりすると、名前が聞き取れないこともあるもの。そんなときスマートに相手の名前を確認する方法を知っておけば、取り次ぎに手間取ることもないでしょう。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、上手な名前の聞き出し方を探ってみました。

  • 【1】「失礼ですが、お名前を漢字で書く場合はどのように…」と表記を聞く

    「直接聞き返さなくて済むし、漢字もわかるので一石二鳥です」(20代女性)というように、書き方を尋ねるとスマートに名前を聞き出せるでしょう。相手からの説明はもれなく復唱するようにすると、「丁寧な子だな」と好印象を与えられそうです。

  • 【2】「申し訳ございません、一瞬音声が途絶えてしまって…」と電話のせいにする

    「どちらかが携帯電話なら本当にありうるケースだし、問題ない」(20代女性)のように、電波の不具合を理由にする人もいました。自分が携帯電話で話している場合は、「周囲が少々騒がしくて」と言ってもよさそうです。

  • 【3】「恐れ入りますが、お名前をフルネームでお願いします」と尋ねる

    「聞き返すのではなく、新たに質問をすれば角が立たないかと」(20代女性)と、改めて姓名を聞くという意見もありました。「万が一の間違いがないように」などと添えれば、相手に違和感を覚えられることなくフルネームを聞き出せるでしょう。

  • 【4】「スズキ様ですね」と聞こえた音から予想して復唱してみる

    「まったく違う場合もありますが、そんなときも半ば笑いながら正しい名前を教えてくださいます」(20代女性)と、手がかりから予想して聞き返してみる荒技もあります。相手のノリによっては、「全然違いましたね、失礼致しました!」と明るく謝ると、和やかな雰囲気になりそうです。

  • 【5】「私○○と申しますが、そちらは…」と自分の名前を名乗って促す

    「こちらが名乗れば、相手も自動的に名前を言ってくれます」(20代女性)のように、自己紹介をすることで自然に名前を確認する方法もあります。「私○○が承りました」と添えてから電話を切ると、相手に「しっかりした子だな」と好印象を与えられるかもしれません。

  • 【6】「恐れ入ります、○○商事の…?」と会社名を出して誘導する

    「うっかりメモをし忘れた、といった雰囲気をかもし出して言ってもらいます」(20代女性)というように、相手の会社名を言って待つという人もいました。それすらも聞き取れなかった場合、まずは「御社名をもう一度お願いできますか?」と聞いてから名前を引き出すといいかもしれません。

  • 【7】「お名前、お伺いしていましたっけ?」ととぼけて聞いてしまう

    「話が長くなった場合などは特に、不自然にならない気がします」(20代女性)というように、さも「そもそも名前を聞いていない」風を装う方法もあります。名乗ってもらったあとに「あ、すみません。最初にお伺いしていましたね」と詫びると、悪い印象を与えることもなさそうです。

  • 【8】「担当者からご連絡させますので」とメアドを聞いて推理する

    「会社のメールアドレスには、名字が使われていることも多いので」(20代女性)と、メアドを聞いて名前を導き出すという人もいました。「担当の戻り時間が遅いようなら取り急ぎメールで連絡を入れさせますね」と言い添え、アドレスを聞く唐突感をなくすといいでしょう。

ほかにも、「聞き取れなかった電話の相手の名前をうまく確認する方法」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock