大人数の飲み会で気になる男性社員の隣にさりげなく座るテク9パターン


同じ会社でも、フロアや部署が違うとあまり交流がないことも。そんなときは、飲み会こそが意中の男性社員に近づく絶好のチャンスになるでしょう。では、本人や周囲に悟られずに、意中の男性の隣の席をゲットするにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に「大人数の飲み会で気になる男性社員の隣にさりげなく座るテク」についてご紹介します。

  • 【1】彼と同じタイミングでトイレに立ち、一緒に席に戻る

    「この隙になるべく話しかけて、そのまま隣に座るべし!」(20代女性)というように、彼が席を立ったときこそチャンスです。偶然を装って自分も席を立ったら、さり気なく話しかけましょう。「あっちが空いてますね」などとリードすれば、自然と隣に座ることができるのではないでしょうか。

  • 【2】彼のいるテーブルにお酌をしに行く

    「お酌をきっかけにうまく混ざり込んでしまうといい」(20代女性)など、飲み会開始時に彼と席が離れている場合も、諦めず遠征する態度が功を奏するようです。お酌をすることで上司や同僚からの好感度もアップするので、一石二鳥かもしれません。

  • 【3】盛り上がっているグループに積極的に参加する

    「彼がにぎやかなタイプであれば、自然と輪に入ってくるはず」(20代女性)というように、盛り上がっている場所に先回りしてしまうのもいいでしょう。ただし、彼が静かに飲みたいタイプだと意味がないので、前回の飲み会での態度などを参考に見極めておく必要がありそうです。

  • 【4】同じテーブルのメンバーと彼の話をして、呼びつける

    「会話の中で『ちょっと本人に聞いてみましょうよ』とうまく話をもっていけば、誰かが呼んでくれるはず!」(20代女性)などと、場の空気で彼を取り込んでしまう作戦です。ちょっと大きめの声で彼の名前を口にして、本人の関心を引いておくと、なおいいかもしれません。

  • 【5】彼の上司の隣に座り、彼のほうからやってくるのを待つ

    「飲み会が終わるまでに、一度は挨拶にくるはずなので」(20代女性)という声もあるように、上司がいるテーブルに陣取るのも一つの手だと言えるでしょう。彼がやってきたら両者を上手に立て、好感度アップを狙ってはいかがでしょうか。

  • 【6】あらかじめ彼の席の近くに荷物を置き、後でとりにいく

    「すぐ隣に行けなくても、バッグやケータイを置いておけば近づく口実になる!」(20代女性)というように、彼がいるポジションに用事を作っておくのもいいかもしれません。荷物をとりにいったついでにさりげなく話しかけて、そのまま隣の席をゲットしてしまいましょう。

  • 【7】周囲の席が空いたら、寂しそうに彼に視線を送る

    「周囲をよく見ている人や、面倒見のいい人であれば来てくれる可能性が高い」(20代女性)と、彼の性格次第では、視線ひとつで自分の隣に引き寄せることができるかもしれません。目が合ったら、空いた席を手でぽんぽん叩いてみるなど、「隣空いてます」というジェスチャーでかわいらしく伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】とにかく席を移動し続けて、最後に彼の席を訪れる

    「わけ隔てなくみんなと会話しつつ、彼のテーブルでなるべく時間をとる作戦」(20代女性)というように、いろいろなテーブルに顔を出すことで、彼を狙っていることを本人や周囲に悟られないための予防線をはることができそうです。二次会のお店を相談するなどして、会計時まで居座ってしまいましょう。

  • 【9】彼に料理の注文を聞いて、さりげなく渡しにいく

    「『私も食べたかったから』などと口実をつけて、隣の席をゲットする」(20代女性)と、注文した料理を届ける名目で彼に近づくこともできるようです。「気づかいができる子」という、女子力の高さをアピールする機会にもなるでしょう。

ほかにも「大人数の飲み会で気になる男性社員の隣にさりげなく座るテク」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)
Photo:All images by iStock