引くほど必死に「誰か紹介して」というお局様から、うまく逃げる一言9パターン


独身のお局様から「彼氏が欲しい」「誰か紹介して」などと突然言われることもあるでしょう。そんなときは、面倒でもうまく返さないと機嫌を損ねてしまう可能性があります。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「引くほど必死に『誰か紹介して』というお局様から、うまく逃げる一言」をご紹介します。

  • 【1】「私のまわり、みんな結婚しているんですよ」と、候補がいないことを伝える

    「素直に『紹介できる人がいない』と言ったほうが、変に期待させるよりもいい」(20代女性)というように、はっきりと真実を伝える人も多いようです。強い口調で言ってしまうと、嫌な印象を持たれかねないので、「申し訳ない」という気持ちが伝わるような話し方を心がけましょう。

  • 【2】「地方でも大丈夫ですか?」と、無理めの条件をあげる

    「絶対『無理』と言われそうな条件をあげて向こうから引いてもらう」(20代女性)というように、「興味を持たなそうな人を候補に挙げる」という方法で乗り切る人もいるようです。「それでもいいから」と言われた場合は、「イケメンじゃなくても大丈夫ですか?」など、さらに条件を追加するといいのではないでしょうか。

  • 【3】「男の人と連絡すると彼氏が怒るんです」と彼氏の嫉妬を理由にする

    「自分は紹介したいんだけど彼が…」(20代女性)というように、第三者を理由に出すという方法もあるようです。このパターンでいくときは、「誰か紹介してほしいと言っているのにノロケ!?」と思われないよう、「嫉妬深くて本当に困っている」という雰囲気を演出しましょう。

  • 【4】「男友達がいないんで、難しいです」と、正直に断る

    「男友達がいないので、紹介しろといわれても無理な話」(20代女性)と、正直に手の内を明かすしかないというケースもあるようです。こう言ってハードルを下げておけば「もし誰かいたら紹介しますね」とフォローの一言を加えるだけで、お局様に好印象を与えられそうです。

  • 【5】「むしろ私にも紹介してください」と、逆にお願いする

    「仲間意識を持ってもらえるし、自分の出会いもGETできるので一石二鳥」(20代女性)と、お局様のお願いに「お願いし返す」という強者も! 「○年彼氏がいないんです」などと話してしまえば、それ以降は面倒なお願いをされることもないでしょう。

  • 【6】「合コンしましょう」と、個別の「紹介」を避ける

    「誰かを紹介して、その後の関係が厄介になったりすると嫌なので、グループで会うことを勧めます」(20代女性)など、きっかけは提供しつつも、個人では関わらないという人もいます。それでも新しい出会いを提供したということで、お局様からは喜ばれるのではないでしょうか。

  • 【7】「友達に聞いてみますね!」と、フェードアウトする

    「『聞いてみます』といいながら、最終的になかったことにする」(20代女性)と、その場を取り繕って逃げるという手もあります。ただし、二度三度と催促された場合はそれだけ必死ということなので、少し積極的に動いてあげてもいいかもしれません。

  • 【8】「○○さんの方がお友達多いと思いますよ」と、他の人を推薦する

    「人脈がありそうな人になんとかしてもらう作戦!」(20代女性)など、ターゲットを別の人にすりかえるという方法もあるようです。頻繁に合コンを開いている同僚なら、異性との出会いも多く、適任ではないでしょうか。

  • 【9】「思い当たる人に連絡してみたら、彼女ができていました」と嘘をつく

    「あなたのために行動したんだよ、という部分が何よりも重要」(20代女性)というように、嘘をついてうまく乗り切る人もいるようです。ただし、どこかでボロがでてしまう可能性もあるので、どんな男性を紹介するつもりだったのか、ある程度具体的な男性像を考えておいたほうがいいでしょう。

ほかにも「引くほど必死に『誰か紹介して』というお局様から、うまく逃げる一言」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)
Photo:All images by iStock