会社のお花見で「女子力が高い!」と思われる行動9パターン


最近では、会社でも春の恒例行事になりつつある「お花見」。このような外飲みでは、店員さんがいないぶん女子力が問われるといってよいでしょう。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「会社のお花見で『女子力が高い!』と思われる行動」をご紹介します。

  • 【1】みんなが脱いだ靴をきれいに揃える

    「育ちのよさが出ていて感心した」(20代女性)というように、お花見の環境を整える大和撫子的行動に、良い印象を持つ人も多いようです。ただし、「靴をきちんと揃えてください!」など、強要するようなことを言うと「ただのうるさい子」に成り下がってしまうので、何も言わずにサラリとやってのけましょう。

  • 【2】ウェットティッシュを用意し全員に回す

    「飲食中やトイレの後など、とても重宝しました」(20代女性)というように、除菌タイプのウェットティッシュは衛生面が気になる外飲みの必需品であるようです。ボックスタイプのものを数個用意し、全員がすぐ手に取れるよう、各所に配置するとよいかもしれません。

  • 【3】冷え性の人にカイロを渡す

    「肌寒くて震えてたら、後輩がカイロを差し出してくれて天使に見えた(笑)」(20代女性)というように、お花見が行われるのは春とはいえまだ肌寒い時期。「あったかグッズ」は特に女子から喜ばれるようです。さらに、ビールなど冷たい飲み物ばかりが続くと体が冷えるので、温かいお茶などをポットに入れて持参するのもよいでしょう。

  • 【4】全員にまんべんなく料理が回るように食べ物を取り分ける

    「遠くに座っている人にも気を配る先輩を見て、『さすが』と思いました」(10代女性)というように、自分が食べることより周囲を気づかう精神を尊敬する人もいるでしょう。取り分けるときに、「嫌いなものがあれば言ってくださいね」と、好き嫌いを聞くようにすると、より「気がきくなぁ」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】スカートをはいている女性用にひざ掛けを用意する

    「うっかりミニスカートをはいて行っちゃったので、すごく助かりました」(20代女性)というように、脚があらわになることを見越した心づかいに、女性陣から感嘆の声があがっています。事前に用意がなければ、膝頭を隠せるようストールやハンカチを貸してあげてもいいでしょう。

  • 【6】ゴミをてきぱき分別して後片付けをきちんとする

    「酔って全員が『グデグデ』なのに、嫌な顔ひとつせず後片付けしていた後輩。見直した!」(20代女性)というように、酔うと余計に気が進まない片付けを率先して行うと、まわりから感心されることもあるようです。片付けが嫌になってしまわないよう、お酒はセーブして飲むようにしましょう。

  • 【7】定期的に「お酒足りてますか?」と声をかける

    「後輩がお酌に徹してくれたおかげで上司もお局様も上機嫌。おかげで楽しく飲めました」(20代女性)というように、自分の楽しみは二の次にしてまわりを気づかう振る舞いに、感謝する人も多いでしょう。本格的に足りなくなったら追加の買い出しを買って出ると、先輩陣からの株も上がりそうです。

  • 【8】女性のトイレ用に「流せるティッシュペーパー」を持参する

    「公園の公衆トイレって紙がないことも多いんだよね(苦笑)」(20代女性)というように、お花見慣れした用意周到な気配りは、女性陣の心に響くようです。ただし、男性は「紙が欲しい」と言い出しづらい可能性があるので、「ここに置いておくのでご自由にお使いください」とアナウンスしておくとよいかもしれません。

  • 【9】場所取りをしている人に飲み物や軽食など、差し入れを持っていく

    「ひとり寂しい場所取りに気が滅入っていたけど、先輩が肉まんとお茶を持ってきてくれて救われました」(10代女性)というように、みんなの楽しみのために頑張る人への気づかいを忘れないことも、大事なポイントであるようです。事前に「大変だけどよろしくね」と差し入れを渡すだけでも、好印象ではないでしょうか。

ほかにも「会社のお花見で『女子力が高い!』と思われる行動」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock