園や習い事の顔合わせで「好印象を与えられる自己紹介」9パターン


幼稚園や保育園、習い事などの顔合わせで欠かせない「自己紹介」。ここでの印象はその後の付き合いに少なからず影響を及ぼすものでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「園や習い事の顔合わせで『好印象を与えられる自己紹介』」をご紹介します。

  • 【1】「私もこの子も元気だけが取り柄です」と笑顔を振りまく

    「ニコニコ元気に振る舞えば、悪く思う人はいないはず」(20代女性)というように、笑顔は「いい人」を印象づける最大の武器になるでしょう。たとえ風邪気味で体調がイマイチでも、自己紹介だけはハキハキとしゃべったほうがよさそうです。

  • 【2】「園のことは何もわからないので、教えてください」と謙虚な姿勢を見せる

    「『活発な子で、ご迷惑をおかけするかもしれませんが…』とあくまで低姿勢」(30代女性)というように、控えめな挨拶にとどめて様子を見るのもいいでしょう。「ひとり目の子なので」と話すのも、先輩ママから優しく教えてもらえるコツかもしれません。

  • 【3】「実は人前で話すのは緊張してしまって…」と正直に打ち明ける

    「無理に取り繕おうとしないほうが、自分も気楽になる」(20代女性)というように、変に格好つけないことで、周囲のママも温かく見守ってくれるかもしれません。ただし「あがっている」と言いながらやけに堂々としていると不信感を招きそうなので、注意しましょう。

  • 【4】「親子でお友だちをたくさん作りたいです!」と話しかけやすい雰囲気を演出する

    「『楽しいことが好きなので、どんどん誘ってください』と話す」(20代女性)というように、ノリのよさを前面に出すのもいいでしょう。「週末はバーベキューを楽しんでいます」などと具体的な行動を明かすと、「じゃあ、今度一緒に」と名乗りを上げるママがいるかもしれません。

  • 【5】「親子でサッカーにハマってます」と会話のきっかけを作る

    「『遅ればせながら韓流ドラマにハマっていて…』など、好きなことを盛り込む」(30代女性)というように、趣味を公言することで、大勢のなかでも鮮烈な印象を残せそうです。ただし、あまりにマニアックな話題はママたちを遠ざけてしまう可能性があるので、ネタ選びは慎重にしましょう。

  • 【6】「3歳上のお兄ちゃんがいます」と兄弟構成を紹介する

    「兄弟がいると言えば、共通点のある人が話しかけてくれる」(20代女性)というように、兄弟姉妹についての話は関心をひきやすいでしょう。もし上の子が同じ園や習い事にいるなら、「何かあれば聞いてください」と頼れるママをアピールするのもいいかもしれません。

  • 【7】「裁縫が得意なので、気軽に声をかけて」と特技をアピールする

    「『美術関係の学校を出て…』と自己紹介したら、学芸会のイラストを任されて楽しかった!」(30代女性)というように、園の生活で役に立ちそうな特技があれば伝えておくのも一つの手です。ただし、自慢だと思われないように、さりげなく話したほうがいいでしょう。

  • 【8】「優しそうなお母さんばかりで安心しました」と周囲の人たちを褒める

    「『素敵な方ばかりでうれしい』とほかのママをまとめて持ち上げる」(20代女性)というように、わざとらしくない程度に周囲を褒めておくのも一つの処世術でしょう。「私だけ浮かないようにがんばります!」と強調性も見せておけば、感じのいい人だと思われそうです。

  • 【9】「一見、怖そうと言われますが、ただの小心者です」と親しみやすいキャラを作る

    「『だいたいすっぴんにジャージですが…』と自虐的に暴露する」(20代女性)というように、自ら「突っ込みどころ」を明かして笑いをとる方法もあります。特に「とっつきにくい外見」と言われがちな人は、ここで一気にハードルを下げておくといいでしょう。

ほかにも、好印象を与えられる自己紹介があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock