自信喪失ぎみの新人をさらに落ち込ませてしまう一言9パターン


新人時代は思うように仕事が覚えられず、自信を失う人も多いもの。そんなときは、先輩のちょっとしたひと言でさらに深く落ち込んでしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴエル』読者に聞いた「ショックだった先輩からの一言」をもとに、できれば避けたい新人への言葉を探ってみました。

  • 【1】「同期の○○さんはできるのに」と他人と比べる

    「自分でもわかっていただけに、優秀な同期を引き合いに出されたときはヘコみました」(20代女性)のように、「デキる」ほかの新人と比べてハッパをかける作戦は、裏目に出ることが多いようです。「誰でも最初はできないものよ」と励まし、「自分だけが劣っているわけではないのだ」と安心させてあげましょう。

  • 【2】「成長が遅いのは、私のせいでもあるから」と責任は自分にもあると伝える

    「『先輩の足を引っ張っている』と感じて辛かったです」(20代女性)というように、共同責任だと慰めるのも逆効果になりかねないでしょう。チームであることを伝えたいなら、「ミスがなくなるよう、改善策を一緒に考えようか」と言うといいかもしれません。

  • 【3】「今日はもう、帰ったら?」と早退をすすめる

    「突き放されたような気がして、ショックでした」(10代女性)と、先輩から早退を促されてショックを受けた人もいました。煮詰まっていて作業効率がより悪くなっているような場合は、「お茶でも飲んで、少し休もうか」と、早退ではなくブレイクを提案してあげるといいでしょう。

  • 【4】「あなたなら絶対にできるわよ」と闇雲に励ます

    「投げやりにとりあえず言っているみたい。どうでもいいのかな、と悲しくなってしまいます」(20代女性)のように、「大丈夫」「きっとできる」といった言葉を無責任と感じる新人もいるようです。「PC入力は早いんだから、これもすぐ覚えられるわよ」と、その後輩ならではの長所を褒めれば、説得力が生まれそうです。

  • 【5】「別に、気にしなくていいよ」と戦力外通告をほのめかす

    「怒られないと、『最初から期待してない』と言われたようでショックです」(10代女性)と、相手を責めない態度が裏目にでることもあるでしょう。失敗した後輩の気持ちを軽くするためにも、「今度は頑張ってみよう」と次につながる言葉をかけてあげるとよさそうです。

  • 【6】「許すのは今回限りだから」とさらに追い打ちをかける

    「ただでさえ自信喪失しているところに、厳しい言葉を言われると泣きそうになります」(20代女性)というように、「叱って育てる」方法は歓迎されていないようです。本人が反省しているようなら、「同じミスをしないようにしようね」と優しい声をかけましょう。

  • 【7】「…」とあえて何も言わない

    「無言なうえ、ため息をつかれたりすると『どれだけ怒ってるんだろう』と怖くなります」(20代女性)のように、先輩の沈黙も新人を追い詰めるようです。「言わなくてもわかるだろう」とスルーせずに、「失敗した原因はなんだと思う?」と一緒に打開策を探す姿勢をみせると後輩もホッとしそうです。

  • 【8】「書類作成でも厳しかったか」と思ったより仕事ができないことへの落胆を匂わす

    「また先輩の期待を裏切ってしまった、と泣きたくなります」(20代女性)というように、スキルに対する失望をあらわにすると、落ち込んでいる後輩にさらに追い打ちをかけてしまうようです。ミスを注意するときには、「デキない子」扱いをしないよう注意したほうがいいでしょう。

  • 【9】「その作業は私がやっておくから」と仕事を任せることを諦める

    「やりかけの仕事を取り上げられると、『私には任せられないのか』としゅんとしちゃいます」(20代女性)というように、一度後輩に任せた仕事を途中で取り上げるときにも注意が必要のようです。「今回は時間がないから私がするけど、次は最後までお願いね」と、理由を提示してあげれば、無駄に落ち込ませることもないでしょう。

失敗して落ち込んでいる新人をさらに追い詰めそうな言葉には、ほかにどんなものがあるでしょう。皆さんの意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock