「いい嫁」になるための努力を投げ出したくなる、義母からの心ない一言9パターン


「いい嫁を貰った」と思ってほしくて頑張っているのに、思いもよらない義母の一言でそれがまったく無意味に思えた経験はありませんか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『いい嫁』になるための努力を投げ出したくなる、義母からの心ない一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「無理しなくていいのよ」などと、精いっぱいのもてなしを受け入れない

    「ちらしずしにお吸い物など、和食好きの義母に合わせたのに、『出前楽しみにしてたんだけど』って…」(20代女性)というように、気遣いが空回りして、徒労感を抱いたことのある人は少なくないようです。もてなし甲斐のない相手なら、次からは豪勢な仕出しで上手に手抜きしましょう。

  • 【2】「その程度のことで『節約』なの?」などと、頑張りを馬鹿にする

    「夕飯のおかずの話になったとき、『えっ、たった3品?』と軽く呆れられ…」(20代女性)というように、努力を鼻で笑われて落ち込む人もいるようです。「お義母さんみたいにダンドリよくできるように頑張ります」などと、形だけでも前向きに応じておきましょう。

  • 【3】「あなた、朝から納豆なんて出すわけ?」などと、食習慣を非難する

    「『豚のすき焼き? 貧乏くさい…』と真顔で言われて大ショック。わたしの地元じゃ普通なのに…」(20代女性)というように、育った地域や家庭によって、食べ物に関する認識が異なることもあるでしょう。お気に入りメニューは、自分たちだけのときに楽しむようにしましょう。

  • 【4】「あの子、ちょっと痩せたんじゃない?」などと、夫の体調を心配する

    「夫の顔を見るなり『血色悪いわよ。しっかり食べさせてもらってるの?』って、私は鬼嫁ですか…」(20代女性)というように、過保護気味の義母にウンザリさせられることも多いでしょう。続くようなら、夫から「毎日おいしいご飯をつくってもらってるよ」などと、フォローしてもらってもよさそうです。

  • 【5】「水拭きを怠るようでは、お掃除とは言いません!」などと、家事のやり方を否定する

    「迷いに迷って買った食洗機を『贅沢品!』とこき下ろす義母。コンセントまで抜かれました…」(20代女性)というように、嫁のやることに逐一目を光らせる義母が相手では、忙しいなりの工夫もバッサリ否定される場合がありそうです。「ホント、お恥ずかしい!」と、本音はともかく、ササッと謝ってしまいましょう。

  • 【6】「どんなしつけを受けてきたの?」などと、実家のことまで見下す

    「あとで洗うつもりでスニーカーを放置していたら『玄関は家の顔だと教わらなかったの?』と育った環境の話に発展」(20代女性)というように、何かというと実家を引き合いに出してくる義母に、ムッとしたことのある人は多いでしょう。『ご指導ありがとうございますー』など、口先だけお礼を言って受け流しましょう。

  • 【7】「主婦なんだから、髪はショートでいいでしょ」などと、ファッションに口出しをする

    「『ツメなんか伸ばして、お米も研げないでしょう?』と、オシャレ自体を否定している感じで…」(20代女性)というように、「結婚したら堅実に」と昔ながらの価値観を押し付けたがる義母もいるでしょう。「〇〇さんが喜んでくれるので…」など、夫の要望のせいにしてしまう手もあります。

  • 【8】「あの子のほうが気立てがよかったのに」などと、夫の前カノと比較する

    「賑やかに話していたら、『前はもっと物静かな子が好みだったじゃない』と夫にポツリ。ショックです」(20代女性)というように、結婚前に夫が付き合っていた女性と比べられて、傷ついたことのある人もいるようです。その場は無言でやり過ごし、あとで夫からきつく釘を刺してもらいましょう。

  • 【9】「息子に養ってもらってるくせに…」などと、ただ飯食らいのように揶揄する

    「友達とランチに行った話をしたら、『息子のお金で贅沢して…』とにらまれた」(20代女性)など、ほんの少し余暇を楽しんだだけで、非難がましい目を向けられたことのある人は多いようです。説明しても煙たがられるだけなので、話題を引きずらないほうが無難でしょう。

ほかにも、「義母のこんなセリフでがっくりきた」という一言があれば教えてください。できれば、お義母さんともいい関係を築いていけたらいいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock