独身の同僚女性が応援したくなる「育休明けの女性の態度」9パターン


育休明けが近づくにつれ、仕事と子育ての両立だけでなく、「立場の違う独身の同僚女性に嫌われたら…」と、不安に駆られたことのある人は少なくないはずです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、「独身の同僚女性が応援したくなる『育休明けの女性の態度』」をご紹介します。

  • 【1】「子どもがいるから仕方ない」という態度を見せない

    「育児のグチを一切言わずに働いているのを見ると、協力してあげたくなる」(20代女性)というように、子育ての大変さを口にしない控えめな人には、まわりから「頑張ってるな」と好意的に見守ってもらえるようです。とはいえ我慢を溜め込みすぎてもよくないので、辛いときは子持ちの同僚など立場が似ている人に話を聞いてもらいましょう。

  • 【2】「サポートしてくれてありがとう」と感謝の言葉を忘れない

    「子どもがいるからしょうがないと思うけど、それが当然みたいな顔をされると腹が立つ」(20代女性)というように、明らかに迷惑をかけているのに、開き直って平然としている人は煙たがられてしまいます。自分の仕事を手伝ってもらったときだけでなく、普段から「あなたのおかげです」と伝えるようにしましょう。

  • 【3】面倒な仕事も「任せて」と笑顔で引き受ける

    「手が空いたときにコピー機の調整なんかをしてくれると、『負い目がある分、努力してるんだなあ』と感心する」(20代女性)というように、ほかの人がやりたがらないことを率先してやると、周囲から一目置かれる存在になれそうです。逆に、頼まれて渋々やるようでは反感を買ってしまうので気を付けましょう。

  • 【4】誰が見ても一目でわかるよう、資料や書類が整理されている

    「彼女が早退後、取引先からの問い合わせに慌ててたら、机に応答リストが置いてあって『さすが!』と思った」(30代女性)というように、急な早退や遅刻に備えて、自分がいなくても仕事に支障がないようにしておく配慮も必要でしょう。もしものときのために、こまめな引き継ぎも心がけたほうがよさそうです。

  • 【5】子どもの急病で遅刻・早退のときは「ごめんなさい」と頭を下げる

    「最初は丁寧だったけど、最近は顔も見ずに『ごめん』だけ。正直面白くない」(30代女性)など、お礼やお詫びがいいかげんだと、相手に不快な思いをさせてしまいます。遅刻や早退を申し出るときは「ご迷惑をおかけします」と謝り、事が済んだら「おかげさまで助かりました」と感謝の意を伝えましょう。

  • 【6】子どものことを自慢げに話したりしない

    「『まだ8ヵ月なのに立ったの』とか言われても、『それが何?』って感じ」(20代女性)というように、独身女性にとっては、顔もよく知らない子どものことを延々と聞かされるのは苦痛でしかないようです。「お子さん、どうですか?」と尋ねられても、「元気よ」などと最低限のことだけ話すようにしましょう。

  • 【7】休み前と違う仕事があれば、素直に教えを乞う

    「この数ヵ月で変更したこともあるのに『私は知ってるから』と聞こうともしない。何様なの?」(20代女性)など、「育休前と同じ自分」を強調するばかりの人は、白い目で見られてしまいます。まずは新人に戻ったつもりで、現在の職場の雰囲気や仕事のやり方に慣れるように努力するようにしましょう。

  • 【8】「また早退?」と嫌味を言われても、「迷惑かけてごめんね」と流す

    「『あなたがやり残した仕事のせいで、私は今日も残業なのよ』と思うと、つい八つ当たり…」(30代女性)というように、フォローに疲れた同僚から責められることもあるでしょう。もしもキツイことを言われたとしても、「相手に無理を強いているのは自分」と考えて、粛々と受け止めつつ聞き流すようにしましょう。

  • 【9】仕事ができる状態のときは残業や休日出勤も厭わない

    「休みがちな人だけど、月に何度かは人の3倍くらい働いているんだから、普段は援護してあげようと思う」(20代女性)など、自分の仕事に責任をもって精力的に働く姿を見せれば、自然と周囲も力を貸してくれるものです。たまには昼休みを返上して、目いっぱい仕事を頑張ってみるのもいいかもしれません。

子育てしながら仕事することを、独身の同僚女性に応援してもらうには、ほかにどんなことに気を配ればいいでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock