飲み会の幹事を任されそうになったとき、サラリとかわすテク9パターン


毎日の仕事で手一杯な人なら、飲み会の幹事まで任されるのはなるべく避けたいと思うもの。指名されてしまったとき、角を立てずに断るにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「飲み会の幹事を任されそうになったとき、サラリとかわすテク」をご紹介します。

  • 【1】「盛り上げ役に徹しますから!」と他で役立つことをアピールする

    「ただ断るだけでは角が立つので、代わりにできることを提案してやる気を見せておく」(20代女性)というように、幹事は難しくても、手伝いたい気持ちがあることをアピールするとよさそうです。会計やメンバーの管理、現場への誘導などのサポートを引き受けてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「今回だけはごめんなさい!」と忙しさを理由にして断る

    「特に忙しい時期は、必要以上にあたふたしてみせながら、苦しそうに断るといい」(20代女性)と、タイミングが合わない場合は「今回だけ!」と限定して率直に断ってしまいましょう。その分、余裕のあるときに率先して幹事をすれば、周りからの評判を下げずにすみそうです。

  • 【3】「○○さんのほうがグルメですよ」と他人に振る

    「さりげなく褒めつつ『私よりうまくやってくれるよ』と振るのがコツ」(20代女性)という意見もあり、グルメ情報に自信のある人を推薦するのもいいかもしれません。引き受けてもらったからには、当日は「さすが○○さん!」とヨイショするのを忘れないようにしましょう。

  • 【4】「人をまとめるの、本当に苦手なんです」と申し訳なさそうに断る

    「『どうしてもできません!』と、深刻な顔で謝れば、諦めてくれる」(20代女性)と、心底困った様子を見せれば、見逃してもらえる場合もあるようです。「2次会のお店は私が押さえます!」など代案を出せば、単にサボろうとしているとは思われないでしょう。

  • 【5】「○○さんのお手本を見て勉強したい」と振って次回にまわす

    「当日は補佐に回れば、自分が引き受けることになったときもあたふたしなくて済む」(20代女性)というように、いつかは幹事をしなければならない立場なら、使える手だといえるでしょう。いざ幹事になったときも「まだ自信がないので、ちょっとだけ助けてください」と頼りにさせてもらうと安心ではないでしょうか。

  • 【6】「私じゃ誰も集められないかも」と弱気なそぶりを見せる

    「『せっかくの飲み会が盛り上がらなくなっちゃうと思います』と、自信なさげにする」(20代女性)などと、頼りないキャラで押し通せば、一度は幹事をパスできるでしょう。次回は誰かを補佐役につけてでも幹事をこなすことができれば、「デキない子」認定されることもないのではないでしょうか。

  • 【7】「○○さんとならやります」と絶対幹事を引き受けそうにない人の名前を出す

    「指名した相手が断ったら『じゃあ私もやりません』と断りやすい雰囲気に」(20代女性)など、やや強引なテクニックではありますが、その場のムードで幹事を回避することができるかもしれません。とはいえ、指名相手に恨まれる可能性もあることを肝に銘じておきましょう。

  • 【8】「予約ミスをしたことがあるんです」など、過去の失敗談を語る

    「『この子に任せたらとんでもないことになるかも』と周りの不安を煽る」(20代女性)というように、一度頼りないイメージが浸透してしまえば、今後も幹事を避けられるかもしれません。ただし、社内でただのだめキャラにならないよう、普段の仕事はきっちりこなしておく必要があるでしょう。

  • 【9】「飲み会、崩壊しますよ」と謎めいた回答をしてみる

    「『この子大丈夫か?』と思わせられればこっちのもの」(20代女性)と、インパクトのあるひと言で煙に巻いてしまうのもいいかもしれません。普段から「不思議系」と思われていたり、酒豪伝説があったりする人なら、説得力もありそうです。

ほかにも「飲み会の幹事を任されそうになったとき、サラリとかわすテク」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)
Photo:All images by iStock