定年退職を迎えたオジサマに好印象を与える「贈る言葉」9パターン


長年勤めてきた会社を去るオジサマは、かなりナーバスになっているもの。そんな彼らを和ませる一言を送れば、本人はもちろん、周囲にも「素敵な子だな」と好印象を与えられるでしょう。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「定年退職を迎えたオジサマに好印象を与える『贈る言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんがいなくなるなんて、来月からどうしよう!」

    「『これから、みんな困っちゃいます』と言えば、オジサンが喜びそう」(20代女性)というように、その人の存在の大きさをアピールすると好印象を与えられそうです。「特に○○については、本当に不安です」と、退職者の得意分野を指摘すると、よりリアルになるでしょう。

  • 【2】「個人携帯のメアド、ぜひ教えてください」

    「『これ私のアドレスです』とメアド交換をしたら、すごく喜ばれました」(20代女性)のように、連絡先の交換で関係をキープするのもいいかもしれません。ただし、あらぬ誤解をされないよう、みんながいる前で交換したほうがいいでしょう。

  • 【3】「○○さんなら、今後も楽しい毎日が待っていますね!」

    「多趣味な人だったから、退職も次へのステップだと思って」(20代女性)と、これからの充実した日々について聞いてみるのもいいでしょう。趣味に応じて「個展などやらないんですか?」「発表会があったら誘ってください」などと言い添えるのもいいかもしれません。

  • 【4】「仕事で困ったら、ご連絡してもいいですか?」

    「同じ業務をしている人だったら、『今後も相談に乗ってもらいたい』と伝えます」(20代女性)というように、頼りにしていることを相手に伝える人もいました。「○○さんがいたから助かってたんです」など、これまでの仕事ぶりを評価するような言葉を添えるのもいいでしょう。

  • 【5】「以前、ミスしたときにフォローしてくださったことが忘れられません」

    「一緒に仕事をした思い出話をします」(10代女性)というように、その人との具体的なエピソードを懐かしんで話すのもいいでしょう。「今でも教訓にしているんですよ」と、言われて嬉しかったことや心に残っている言葉などを伝えるのもよさそうです。

  • 【6】「女子一同、本当に寂しくなると言っています」

    「自分だけでなく、みんなが寂しがっていることをアピール!」(20代女性)のように、周囲から慕われていることを伝えるという人もいました。「みんなからです」と、はなむけのプレゼントを渡してもいいかもしれません。

  • 【7】「一緒に働くことができて、とっても勉強になりました!」

    「とにかく、ストレートに感謝の気持ちを伝えます」(20代女性)と、その人のおかげで成長できたと伝える人もいるようです。「今後も○○さんの教えを守って頑張ります」と添えれば、職場に自分の足跡が残せるとご満悦になるのではないでしょうか。

  • 【8】「近くに行く機会があったら、ご連絡していいですか?」

    「『今度、遊びに行かせてください』と言ったら嬉しそうでした」(20代女性)のように、「また会いたい」という気持ちを伝えるのもよさそうです。相手が酒好きなら「飲み会にお誘いしてもいいですか」と聞いたりしても、喜んでもらえるでしょう。

  • 【9】「これまで忙しかったぶん、ゆっくり休んでくださいね」

    「仕事を辞めたことで手持ち無沙汰に感じないよう『まずはのんびりしてください』と言って送ります」(20代女性)というように、長年の働きをねぎらうのもいいでしょう。「これで奥様とゆっくりご旅行できますね」などと、今後の楽しみについて言及するのもよさそうです。

ほかにも「退職するオジサマに、こんなことを言ったら喜ばれた」というエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock