「えっ?」と耳を疑ってしまうママ友からの「一人っ子批判」9パターン


「一人っ子にしては優しいね!」と、ほめ言葉のつもりで言うママ友は数知れず。彼女たちの、悪意なき(?)一人っ子差別発言に悩まされている方も多いことでしょう。そこで今回は、独自アンケートを参考に「『えっ?』と耳を疑ってしまうママ友からの『一人っ子批判』」をご紹介します。

  • 【1】「一人っ子はワガママ!」と性格を否定する

    「『やっぱり一人っ子は…』と見下した言い方にムカッ!」(30代女性)というように、一人っ子は、何かにつけて性格を問題視されることが多いようです。カチンときても「いやぁ、お恥ずかしい。この親にしてこの子ありで」と謙虚にしておくと、「これだから育児経験が少ない親は…」と、さらに火の粉をかぶることは防げるでしょう。

  • 【2】「親が死んだら、兄弟もいないんじゃ…」と遠い未来を憂える

    「『頼りになるのはやっぱり身内よ』って言われても…」(20代女性)というように、「今から兄弟つくってあげたら?」と詰め寄られることも多いようです。「兄弟の遺産争いって悲惨みたいよー。ウチには財産なんてないけど、お宅は大変じゃない?」と、矛先を相手に向けてしまいましょう。

  • 【3】「子離れ・親離れが難しくなるよ」と上から目線で忠告する

    「『マザコンになるわよ』って失礼しちゃう!」(20代女性)というように、心理分析まがいの言い方をされることもあるでしょう。相手の意見を否定するより、「うれしい! 離れたくないから、マザコン大歓迎!」と受け入れてしまいましょう。笑いを誘えれば、相手も拍子抜けするかもしれません。

  • 【4】「一人じゃ子どもがさびしがるでしょう」とお節介を焼く

    「『かわいそうに』とか、悲観的な言い方がイヤ」(20代女性)というように、勝手な同情心を押しつけられて不愉快になる人もいるようです。真に受けてもきりがないので、「一人遊びが得意なの。そのうち、ワンちゃんでも飼おうかなぁ」などと軽くかわしておきましょう。

  • 【5】「兄弟にもまれて学ぶことって多いのよ」と持論を押しつける

    「『集団で暮らすと強くなるわよ』と、ひ弱さを指摘されました」(30代女性)というように、複数育児をこなして自信満々のママ友も厄介な存在です。「上にお兄ちゃんがいると、たくましいよね」などと持ち上げながら、心ゆくまで育児論を披露させてあげて、毒抜きしてしまいましょう。

  • 【6】「一人っ子だと、親の面倒見るのも大変ね」と痛いところをつく

    「『一人で介護を背負うなんて、気の毒に』と言われてショック…」(40代女性)というように、「子どもに老後の負担をかけたくない」という親心を逆なでされることもあります。「大丈夫、迷惑かけません! 健康に長生きできるよう、ウォーキングして青汁飲んで、夫婦で今からがんばってるのよぉー」と笑い飛ばしておきましょう。

  • 【7】「相手も一人っ子だったら、どうする?」と結婚の心配までする

    「『今は一人っ子多いでしょ? 一人っ子同士の結婚って、大変そう』って、どれだけ遠い話!?」(20代女性)というように、ママ友の先読み発言に悩まされることもありそうです。「婚活市場も厳しいご時世よ。結婚できたなら、それだけでホメてやりたいわー」とポジティブ路線でトボけておきましょう。

  • 【8】「一人なら、女の子のほうが良かったのにね」と一人息子をさらにおとしめる

    「『娘さん一人? 頼りになる男の子が欲しいわね』と言われた」(30代女性)というように、男女どちらの一人っ子でも、性別に難癖をつけられることがあります。そんなときは、「一人息子は、ママに優しいから!」「パパは一人娘にデレデレで」などと、「男の子(女の子)でヨカッタ」ことを示す常套句で、シンプルに返しておきましょう。

  • 【9】「あー、一人っ子にならなくて良かった!」と無神経に二人目ができたことを喜ぶ

    「一人っ子の親でさえ、『兄弟は必要』と公言する人もいる」(30代女性)というように、同じ立場だと思っていたママ友の発言だからこそ、ムッとすることも案外多いものです。むきになって一人っ子の是非を論じるより「うちは一人っ子でいいよ」と、自分のスタンスをさらりと表明するにとどめましょう。

ほかにも、「一人っ子批判」に悩まされた経験があれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(水谷仁美) 
Photo:All images by iStock