新入社員歓迎会の準備に首を突っ込もうとするお局様を黙らせるひと言9パターン


歓送迎会などの幹事の仕事は、なかなか手がかかるもの。懸命に準備を進めているにもかかわらず、突如お局様から横やりを入れられると、さすがにイラッとしてしまいそうです。そこで、新入社員歓迎会の準備に茶々をいれてくるお局様を黙らせるためのひと言を『スゴエル』読者の声からご紹介します。

  • 【1】「当日までのお楽しみです!」と会の内容を明かさず、口出しする余地を与えない

    「『サプライズなので』の一点張りで!」(20代女性)というように、余計な情報を漏らさないことが肝心といえそうです。さらに「当日、先輩には純粋に楽しんでいただきたいんです!」とあくまで「お局様のため」というスタンスを貫けば、おとなしくしてくれるのではないでしょうか。

  • 【2】「課長に一人でやってみろと言われてるので…」と上司を理由に持ち出す

    「上司を引っ張りだせば、『それじゃあしょうがないか』となる」(10代女性)というように、お局様よりも立場が上の人をうまく使うパターンです。「手伝っていただいたことがバレて先輩も怒られたら悪いので…」など、相手を気遣う姿勢も見せるとよさそうです。

  • 【3】「私を甘やかさないでください」と成長に必要なステップだと強調する

    「仕事熱心なOLを演じきるのがポイントです」(20代女性)というように、向上心をアピールして、お局様に「見守ってほしい」と訴える人もいるようです。「スキルアップのために一人で頑張りたい」と言えば、たいていのお局様は理解を示してくれるでしょう。

  • 【4】「私に任せるのは心配ですか…?」と落ち込んだ表情で聞いてみる

    「こう聞いたらさすがに『そんなことないわよ…』と静かになりました(笑)」(10代女性)というように、信頼されていないことを悲しむポーズで、相手を一歩引かせるパターンです。フランクに話せる仲なら「ちょっとは信頼してください!」と、冗談めかして釘をさすのもアリかもしれません。

  • 【5】「後輩のために一人で幹事をまっとうしたいんです!」と熱い思いを訴える

    「熱苦しく主張したら、『そんなに言うなら頑張って』と言ってくれました(笑)」(20代女性)というように、助言を断る理由が前向きなものであれば、お局様にも受け入れられやすいようです。「会が終わってから感想を聞かせてください」とお願いすると、お局様の顔を立てることもできるでしょう。

  • 【6】「先輩、もしかして幹事やりたかったですか…?」とさりげなく、でしゃばりすぎを指摘する

    「『首を突っ込みたいのなら、いっそお任せしますよー』と、匂わすのがポイント」(20代女性)という声もありました。気楽な立場で口出しするのは簡単ですが、いざ幹事の実務がふりかかってくるとなれば話は違うはずです。面倒くさがりのお局様が相手ならば、効果を発揮するかもしれません。

  • 【7】「手を煩わせたくないので」とお局様への配慮を見せつつ、やんわり助言を断る

    「丸くおさめるならコレ!」(20代女性)というように、「相手への気遣いを建前に、しゃしゃり出てくるお局様を食い止める」という声もありました。「飲み会の幹事は新人がやるべき仕事なので」と強調するのがよさそうです。

  • 【8】「悩んだときは私から相談します」と暗に手助けが必要ないことを伝える

    「一度意見を聞いたら延々振り回されそうだから、付け入る隙を与えないのが一番!」(20代女性)というように、思い切ってアドバイスをお断りしてしまうのもひとつの手です。「お気持ちだけ、ありがたくいただきます」とフォローの言葉を付け加えれば、お局様の機嫌を損ねることもなさそうです。

  • 【9】「手配完了、変更不可です」と早々に段取りを組んでアナウンスする

    「すぐに手配を済ませて報告すれば、茶々を入れる時間もないはず」(20代女性)というように、首を突っ込む余地がないことがわかれば、お局様も無理は言ってこないようです。手配に時間がかかるほど、お局様の「とんでもアドバイス」を聞かなければならなくなる可能性も。仕事を寝かさず、さっさと処理することが肝心といえそうです。

ほかにも「新入社員歓迎会の準備に首を突っ込もうとするお局様を黙らせるひと言」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予)
Photo:All images by iStock