絶対にマネしたくないお局様メイクの特徴9パターン


どこの時代で時が止まっているのか、古くさいメイクのお局様を見ると、「あんなふうにはなりたくない」と思うもの。では、どんなメイクをしていると「古くさい!」と思われてしまうのでしょうか。そこで今回は、『スゴエル』女性読者のアンケートを参考に「絶対にマネしたくないお局様メイクの特徴」をご紹介します。

  • 【1】殴られたのかと思ってしまう「ブルーのアイシャドウ」

    「『一体全体どうしたの?』と思った」(20代女性)というように、真っ青なアイホールはあまりに不自然で、職場ではギョッとされてしまうかもしれません。ブルーやグリーンなど目立つ色は全身バッチリキメられる休日用にし、会社ではブラウン系の色みを使うと、ナチュラルな仕上がりになるでしょう。

  • 【2】ゴワゴワ&モサモサで恐い「ひじきまつ毛」

    「『昔の』ギャルみたい(苦笑)」(20代女性)というように、マスカラを何度も重ね塗りしたバチバチのまつ毛は、ケバく見えてしまう恐れがあります。ナチュラルタイプのまつ毛エクステを付けると、目力はそのままに、マスカラが落ちて目元が真っ黒になる「パンダ目」の状態も防げるでしょう。

  • 【3】まるでヤンキー! 「極細まゆ毛」

    「人相が悪く見える…」(20代女性)というように、昔流行った細いまゆ毛では、普通の表情でも不機嫌そうに見えるようです。もし抜いた毛が生えてこないなら、まゆ毛用の育毛剤を使うなど、「自まゆ毛育成」に力を注ぐとよいかもしれません。

  • 【4】バブル期を感じさせる「マットな口紅」

    「いつの時代だよ! 年齢を感じる」(20代女性)というように、ツヤのないマットな口紅は、ともすると時代を感じさせてしまうようです。口紅の上に少し透明なグロスをのせるだけで、自然なツヤが出て今っぽくなるのではないでしょうか。

  • 【5】女子レスラー並みの「頬のスーパーシェーディング」

    「頬がこけて、逆に貧相に見えるんですけど…」(20代女性)というように、小顔メイクもやり過ぎは禁物なようです。多少ふっくらとした頬のほうが女性らしさを感じさせるので、明るい色のチークをフワッと入れて、シェーディングはこの際控えめにしてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】ほうれい線にファンデが溜まるほどの「厚塗りベースメイク」

    「ファンデがベッタリ塗られてると老けて見える!」(20代女性)というように、お肌のアラを隠すためにファンデを重ねるのは、かえって逆効果かもしれません。ベースはできるだけ薄めに仕上げたほうが、メイク崩れ予防にもなります。薄塗りにする分、カバー力の優れたリキッドファンデに変えるなど、ファンデ選びを見直してみるとよいでしょう。

  • 【7】もはや特殊メイク! 「Tゾーンのハイライト」

    「皮脂がテカって、夕方はおぞましい顔に!」(10代女性)というように、メイク崩れのことを考えると、油浮きしやすいTゾーンのハイライトは少し抑えたほうがよさそうです。光沢が強いクリーム状のハイライトは避け、無色で少しラメの入ったお粉をサッと入れるとちょうどよいのではないでしょうか。

  • 【8】「おてもやん」のような「濃いまんまるチーク」

    「何かのキャラクターみたいな『くっきりチーク』は、笑いをこらえるのが大変」(20代女性)というように、暗闇で入れたのかと思うほど鮮烈なチークは、滑稽な印象を与えてしまうかもしれません。チークは顔色がよく見える程度を心がけ、薄めに入れつつバランスを見ましょう。

  • 【9】舞台メイクですか? 「極太アイライン」

    「二重幅が全部アイラインって、やりすぎでしょう」(20代女性)というように、「これから本番ですか?」と聞きたくなるような太いアイラインに驚く人もいるようです。茶色のペンシルライナーでインラインのみ入れるなど、目元をはっきりさせながらやわらかい印象になるメイクを工夫しましょう。

絶対にマネしたくないお局様メイクの特徴には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock